くさや汁の中身が気になりますね。

昨日は、くさやの製造日。急いで急いで頑張った理由は・・・
実は東農大のS先生が当店に!

発酵のことについて、いろいろと学びたく~聞きたいことを整理しておけば良かったと今頃反省。。。(>_<) でもこれまで想像でしか無かったことが、少しずつすが理解できました。

一番驚いたことと言えば、「くさや液とは」でも紹介していますが、「 くさや菌として他の島々では多くみられるCorynebacteriumが少ないという希有な特徴があります。 」という内容。

「八丈島くさや汁では見られないですね。」
「えっ~本当にそうなんですか?」

他の島では優勢菌として存在しているのですが、「八丈島に無いんだ~」くさや汁の中身を見たくなりましたね。

「どんな菌が多いのですか?」
と言うお話しで出てきたのが「バチルス」
調理師の資格をとる際勉強したような~ 有名なのは納豆菌とかですよね。

で、菌分離について検索してみると、里見正隆さんの研究論文がヒット。そこには、「培養法と非培養法では優占細菌が異なる。」と書かれていました。

そうか~
培養できる菌とできない菌があるんだ~

更に、非培養法でも検出されない菌もあるそうで、いったいくさや汁の中はどうなってるんだ~と謎は深まるばかりでしたね。

ただ、菌を全部検出する事も大事ですが、更に大事なことはどの菌が、どんなことに作用しているのかを解明していくこと。

そのことを知り、お客様に伝えていくことが大事なんだな~
と言うことを、今回S先生とお目にかかり学ぶことができました。

詳しい事はこれから学生さん達が研究発表して行かれると思うので、楽しみにしたいと思います。(^O^)

昨夜は、晩ご飯を食べながらそんなお話しを。21時前に帰宅し加工場へ。乾燥機内の台車を方向を入れ替え、そのまま事務所で仮眠。

午前1時過ぎ、背中が痛くて目覚め、そのまま2時からくさやの選別とひっくり返し作業を開始。あまりの小ささになかなか終わらず参りました。(苦笑)

来月からは、むろあじの選別機が開始されると思いますので、子供のむろあじをぜひお楽しみ下さいね。午後から夕方までには干し上がる予定です。
ご注文は、こちら

そうそう、乾燥機。前回は排水が上手くいかず大変でしたが、補修が見事に成功。先般の気づき以降、自分で修理できそうなものは自分で行うことに。もともと北海道にいた頃は、そうして3億2千万円の施設をやりくりしていたので、特に気づきでもないのですが・・・いつの間にか業者に頼る自分になっていましたね。

気をつけなきゃ!
さて、それでは製造に励みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。