そこにはドラマがありました。

今日は朝一番、くさやを焼いて~
焼きくさやの製造でした。(^O^)
若干風もあり、「もしかして・・・」

くさやを焼き終えてから、港に向かうと
「やっぱり。」
ムロアジ漁はお休みでした。(>_<)

今朝、焼きくさやをして大正解。
ただ、できたてのご注文が溜まりはじめたので一日も早く製造したいですね。

はやくと言えば・・・
昨日は、運動会150歳リレー無事走りきりました。

集合時間10時40分でしたので、10時20分頃学校近所の親戚宅に。車を止め、「もう少し時間あるね。」と軽く体操して学校に。
部落席に行くと、「たかひろくん!見と~」一つ下のSちゃんがジャ-ジ姿でスタンバイ。「おめぇが補欠から繰り上がって笑ってたんねぇが、ジャ-ジはいてこ~って言われて!」(笑)

消防の方が走る予定でしたが、本部に呼ばれ出勤!「走れないかも~」と。(>_<) 誤報だったようで、走らずにすんだそうです。(苦笑)

リレーメンバーが集まり、「順番どうします?」「一番Hくん。二番Toくん、五番はSさん。三番、四番、どちら走ります?」
「えっ~われ遅いよ。8年ぶりだから!」
「じゃ~はい。」
と渡されたのが3番でした。

二番のToくんから、「おさださん!(バトンを)ハイで渡しますね。」「わかった。」「あっ、ゴーでハイで渡します。どちらが良いですか?」

「どっちって???」
「ゴーって言ったら走り出して下さい。ハイで渡すので。」
「わかった!ゴーでハイね。」
頭では理解しつつも、実はトラックにたった瞬間、忘れてました。(笑)

入場門に行くと、知り合いばかりが。
「おっ、走るのぅ~」
「あっ、こんにちわ!」
「内緒どうが、うちの作戦は一人年配者であとは若けめが走ろだ~」
「えっ~」

5人の年齢合計が150歳以上で走るのですが、私が走ることになったので192歳。勝てるわけがない。(爆笑)

三十代の頃は高校生に負けないと走り、四十代になると年齢を稼ぐ担当として走り、五十代では・・・「転ばすに走るしかないですよね。」(笑)短距離の練習はわずか4回。走れと言われたのが5日前じゃ無理ですよ。

そして、いよいよスタートの時が。
一走、Hくん。ほんの少しスタートが遅れ3位で二走のToくんに。二走は二位以下団子状態で向かってきました。

バトンゾーンを一人がかけ抜け、まもなく「ゴー」の声が。
ハッとして駆け出す私。全く忘れてた。(>_<)
慌ててかけだし、フッと後ろを振り向くとすでにToくん数メートル。「ハイ!」バトンをもらい駆け出しました。

前を向くと、視界に前の二位のランナーが。「抜ける。」
そう思いつつ、コーナーまでには抜ききれない。
「コーナーで抜く?出口で抜く?このまま行っちゃえ!」
その勢いで外側を駆け抜けることに。

コーナー半分くらいのところでようやく体が前に。そのままコーナーを抜けて抜くことができたのですが、あと数メートル。「あれ?足が持たない。」なんとか維持して、「ハイ!」と2位で渡し終えると、4走で差を広げ、5走でそのままテープを切りました。

なんと、192歳で2位でした。(^O^)

走り終えたあと、「おさださ~ん!いい感じで二人で壁をつくって後ろの人に抜かせなかった!」「そうなんだ!順番正解だったね。」(爆笑)

前の人に着かずに、コーナーを大きく回ったのが良かったようで!
今日、知人から写真を頂き見てみると

150歳リレー

一番後ろの方は、足を余してましたね。さすがにこの状況で三人まとめて抜くのは厳しかったようです。

最後の直線、抜かれなかったのは、きっとToくんの「ゴー」のおかげでした。あの一瞬、後ろの方より前に出られたことが決め手でしたね。(^O^)

退場門を出ると、
「たか~おまえを補欠にするなんて失礼だら~」(笑)
ちょうど部落席の前が、画像の状態でしたので、みなさん力が入ったようで。

良い想い出になりました。でも、もう走ることはないな~(苦笑)
来年は私の代わりに、高校一年生が走ることに。来年は1位を目指せそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。