アナログとデジタルの融合

今日は、右肩、そして腰と痛くて起床。
「昨日、ペンキ塗りしなきゃ良かった・・・」(>_<)

何年前だったでしょう?
背中に腕を回して手を結べるよう日々努力していたら肩を上げるのが辛くなり、やらなきゃ良かったと。

しばらくして痛かった右肩も上がるようになり忘れていたのですが、「やっぱり・・・」あの時よりは痛み少ないのですが、無理は禁物ですね。

そんな今日は午前2時頃目が覚めまして。
昨日のペンキ塗りで顔が日焼け。入浴後ポカポカしていたのですがその後まもなく疲れて熟睡。深い眠りのあと目覚めてしまいました。

「本でも読むかな・・・」
昨年度の熱中小学校。2回の授業を残し中止。
代替措置として、二つの講座視聴と、書籍「地方創生『熱中小学校』からの果てしなき挑戦」を読むことに。

本

二、三日前に届き、ようやく開き始めました。

熱中小学校のきっかけから始まるのですが、
「うそ~」
「そういうことだったんだ~」

知らないことばかり。
2015年、高畠熱中小学校開校。同年10月には4番目の学校として八丈島熱中小学校がスタートしていました。

「そんなに早かったんだ~」
その頃、私はと言うと・・・
一期生として申し込みましたが一度も末吉小学校に足を運ばなかったため修了することができませんでした。(>_<) ただ、全ての授業はネット配信で視聴。最先端のお話しにびっくり。時代の変化を感じましたね。

ちなみに八丈島熱中小学校は、2013年3月に閉校した末吉小学校を活用しています。東京都で2番目に、全校では4番目に早く始まった末吉小学校。もちろん全国の島の中で一番早く始まった学校で、私の母が通った学校でもあります。

そんな熱中小学校と深く関わることになったのが一年前の今頃。
「パスポート申請に行かなきゃ。」(>_<)
そう、第一期シアトル校への参加です。

ベルビューで開催されたジャパンフェア2019で八丈島ブースを担当しながら授業に参加。当時、シアトルへ一緒に向かった全国の熱中小関係者みなさん全く知らなかったので・・・本を読みながら「そうなんだ~」と。

今頃、身近に感じています。(苦笑)

このシアトルの経験を、八丈島熱中小学校オープンスクールで発表。それを機に生徒会長、理事と。

実は一足早く、八丈島で歴史ある「島民大学」の委員をやらせて頂いています。並列に並ぶことは今の段階で難しそうですが・・・アナログとデジタルの融合がこれからの未来を司るのだと考えています。

あっ~
今日、明日、明後日28日と、夕方のの金星が見所ですよ。とても明るいのでぜひご覧下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。