セグロアシナガバチの巣を発見。どうしましょう~

「家の裏に、蜂の巣があったってよ。」
昨夜、母から電話があり気になっていたのですが・・・

早朝から焼きくさやの製造を開始。
小さな小さな小むろを、焼きすぎないように慎重に焼き終え、自宅裏の芋畑に行ってもいたのですが、「見つからない。」

あきらめて焼きくさやの製造を開始。小さいのでいつもの半分くらいの量にしたのですが、「小さいね。」(>_<) こんなに小さい焼きくさや製造は過去に記憶が無いくらい。

配達やら、出荷やらで遅くなりつつも、無事真空包装まで終了。ホッとしたのもつかの間。「焼きくさやできました?」
「今日は袋で、明日は瓶だよ~」確か先週も同じ会話をしたような。(苦笑)

これでは作っても作っても追いつかないですね。

一仕事を終え、お昼を食べていると
「(蜂の巣は)4本目のモチノキにいるから。」と父が。
「見に行く!」
と一緒に畑に行くと

「どこだろ~さっきも探しとうだら~」
「4本目だから・・・」
「あっ、ほれ!」

ありました。ご覧下さい。

セグロアシナガバチ

セグロアシナガバチが巣の周りに着いていましたね。

実は見つけてすぐは、数匹しかついてなく、巣の白さが際立ってました。カメラを取りに行き撮影しようと、再び行くと巣の周りにはセグロアシナガバチがぐるりと付着。「どこからこんなに・・・」

早速、薬で退治しようと思いましたが、「日没後って書いてるよ。」「危ないから夕方だね。」「だね、一匹でも刺されたら病院だから。。。」

果たして、上手に退治できるのか・・・
薬局では薬が品切れで明日入荷とか。使いかけのスプレーで大丈夫かな・・・

大丈夫かなと言えば、今日はムロ船出るかと思いましたがお休みに。日記を見ると去年の今頃は突然2トンも漁獲。お盆前の漁模様が嘘のように獲れたのですね。今年は今ひとつで。

加工場分は漁獲してきますが、9月からは選別を開始するので加工場の必要分以上漁獲しないと、希望サイズを入荷できないので選別の意味がありません。

早く水温が下がって豊漁になると良いですね。

ちなみに、「青ヶ島まで行ったけど小さいのしか見えなかった。」
う~ん、そろそろ燻製を製造したいので、秋は大きいのが欲しいです。(苦笑)

いよいよ8月も明日一日。
子供達がいれば、「夏休みが終わるよ~」と宿題をやらせているところですが、遠いむかしのお話になっちゃいましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。