一年前の今日と比べると、ちょうど1,000尾!

今日は雨音に起こされましたね。
「あっ~予報、雨だっけ。飛魚船大変だろうな・・・」
小雨になってきたところで起床。
春飛魚の製造準備をしました。

朝一番の注文対応をすませ、港へ。
雨なので、市場の屋根下で選別作業が行われ始めるところでした。
車が市場側に並んで駐車されているので、ちょっと離れた飛魚船の前に止めると

「たか~こっちげぇ止めろ!トビヨ~積むのうじゃ!」
「はい!」
選別作業のすぐ隣に、軽トラ一台分のスペースが空いており
「ありがとうございます!」(^O^)

市場に行くと、「M丸!」
「ありがとう。」
すぐ隣にM丸の船頭Mさんが。
「今日はよろしくお願いします!」
「おい!」

「Tは獲れとう時どうでしっかりけとうが、今日はダメだな~」(笑)
「えっ~ダメだったの!」
雨の中では、
そりゃそうですよね・・・

選別作業を手伝っていると
「たか~おまえの分あるかよ?」
「いや~結構、魚屋(加工場)分溜まったから・・・」
「(魚屋分)まだか~」
「できた!魚屋終わり。」
「や~」
「本当に、今終わっとうだら!」(笑)

入荷

入荷を終え、すぐに製造開始しました。
去年は4月後半から飛魚が獲れなくなり、製造予定数に約1,000尾足りなかったのですが、一年前の今日と比べると、ちょうど1,000尾多い計算。

このペースだと、今年は大丈夫そうですね。
後は少しでも原価が下がるのを期待するだけかな~

今日の最高気温は13.7度と低く、製造しながらも
「今日は冷える!」
飛魚の鮮度は持つので良いのですが、水が冷たい。(>_<)

3月の製造を考えると気温はあまり変わらないのですが、一度暖かい思いをしていると、人は弱いですね。

お昼抜きで製造が終わったのは、午後1時半。
「量が少ないと思ったら、いつもと変わらないじゃん!」
「確かに・・・」
一日休んで、元気バリバリかと思いましたが、逆に手が遅くなってました。(笑)

くさや液
春飛魚を浸け終わったくさや液

「この間注文した樫立出身の者ですが~」
とご注文の電話が。
「日曜日までには無理?届くかね。」
「飛行機が順調ですと大丈夫ですよ。」
「日曜日のどの時間帯が早いかね?」
「今日の最終便が飛べば、明日届きます。」
「早い方がいいな~」
「欠航の場合は、明日の飛行機になるので日曜日になります。」
「それでも大丈夫。」

すぐ荷造りをしてクロネコヤマトさんに届けたのですが、15時頃から雨がひどくなり・・・
「すごいな~」
雨風が強まり、飛行機大丈夫かな~

ANAサイトを確認すると、「あっ、飛んだ!15時57分。」
羽田を就航したのですね。
後は八丈島の天候次第ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。