二日続けて世界遺産への旅は、富岡製糸場へ!旅行(3)

台風5号接近中ですね。
お昼前後には、八丈島の南側を通過する予報です。

今のところ、
飛行機一、二便と定期船は欠航に。
通行止め箇所も多いのですが、雨量的には梅雨の雨より少ないかも・・・
しかも、
台風の北側に位置するので、当店は風もあたらず静か。
ひたすら通過を待つ感じです。

待つと言えば、
昨日、クロネコヤマトさんから
「おさださ~ん!」
「台風なのに大変だね。」
「今は、(雨)やんでるから~」(笑)

送り主を見ると
この春就職した末っ子ケイからでした。

「ケイから荷物届いてるよ。」
と妻に連絡すると、
「なんだろ~」

開封すると、
「あら~これは大変!写真撮らないと~」(^O^)
プレゼント

袋を開けると
「あっ、これ高かったろうに~」
「すぐ使えないね。」
「帰ってきたときかな~」

新社会人として、最初の贈り物でした!(^O^)

 

さてさて、今日も旅行日記紹介しますね。
今日は二日目です。

6月5日(火)

昨夜は外出する場所もなかったので
21時までのバイキングで終了。

ゆっくり温泉につかり、のんびり過ごしました。
実は、卓球コーナーありましたが
「30分、千円だって。」(>_<)
せめて一時間なら、汗をかいても良かったのですが
30分ではね・・・

翌朝、5時に起床し 温泉に行くことに。
地下まで降りてから、
「どうせなら露天風呂にしようか?」
と、再び上昇。

あさやホテルの露天風呂は、男女が夜と朝交代するそうで
一泊で二度楽しめます。

 

朝日が昇る気配の方角を見ていると
「あっ、ひこうき雲。」
誰も反応せず、みんな見慣れているのかな・・・

まっすぐ延びる雲を追いながら
「どっちの方角に飛んでいるのかな~」

よくよく考えると、朝日が昇ってきそうな
東の空から飛んできたので、西の方に向かってる?

となりの方に聞くと
「成田方面から、北海道の方に向かってる(?)」
とのこと。
山の中の方角は全くわからない。(>_<)

この時期と紅葉の時期は最高で、積雪の頃は
道路が怖いので来ないとのお話しでしたね。

 

7時10分ほど前に朝食会場に。
10名ほど並んでおり、予定よりも5分早く開場。

早めでしたので、料理近くの席を取り
朝食を選んでいると
「おっ、早そ~いつもはゆっくりどおに。」(笑)

そう言えば~(苦笑)
昨夜は、先月までの疲れがとれず
生ビールもジョッキ半分くらいで、「苦い・・・」
と。

歩き疲れた以外はのんびり休めたので
朝も早かったですね。

 

9時前には集合。
「どこに行きましょうか?」
「富岡製糸場?」
「富岡製糸場までは2時間くらいかかりそう。そこから仙台まで4時間はかかるので夕方になりますよ。」

と言う話しでしたが
他には声もなく、カーナビ設定を。

「来た道を戻ります!」
なんと昨日来た東北自動車道を一時間ほど戻り、
そこから北陸自動車に乗り換え群馬に。

「群馬の向こう側(日本海側)って?」
「長野、新潟。」
「えっ~」
移動距離にびっくり。

 

富岡製糸場に到着したのは、11時頃でしたね。
富岡製糸場

富岡製糸場は、1872年(明治5年)設立。
近代化のため明治政府が力を注いだ日本初の器械製糸工場。
2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」では井上真央さんが主演をつとめましたね。

そんな富岡製糸場は1891年(明治24年)6月からは三井財閥のもとで民営化されます。
そう、朝ドラ「あさが来た」の主演・波瑠さんのモデル広岡朝子の実家です。

工場内に入ると明治時代が浮かび上がってくるようでした。
工場内
柱のない構造は、長さなんと140m。
当時は電気も無かったため、窓を多くもうけ
建物の方向も光が入るよう工夫されていました。

フランスからの技術を取り入れ、日本風に改良。
20世紀初頭、日本は世界一の生糸輸出国になります。

高級でした絹を、誰でも手にできるものにした
富岡製糸場の役割は大きかったですね。

 

現在もほぼ変わらぬ当時の姿で残されている富岡製糸場は、
2014年6月には世界遺産に登録されました。
登録碑

一応記念撮影も。(笑)
お富ちゃんと

国指定

見学に来られる年齢層はご年配の方が多く見られましたね。

お昼過ぎには、富岡製糸場を出発。
仙台に向け、再び、北陸自動車道、東北自動車道を
駆け抜けました。

 

16時過ぎには、仙台に到着。
三日間お世話になったホテルはこちら。
ホテル

中心アーケードのすぐ脇にあり、
仙台駅まで10分弱と、とても立地条件の良いホテルでした。

一時間ほど余裕があったので
仙台駅まで行ってお土産を購入し発送。

帰宅すると集合時間15分前でしたので
そのままロビーで、無料の炊きたてコーヒーを。
飲み放題でしたので、毎日利用させて頂きました。

 

で、晩ごはんは、
もちろん!
仙台と言えば、牛たんですね。

分厚い牛たんで有名な、牛たん炭焼利久店へ。
利休

単品で最初に頼んだのが、牛たん「極み」
極み

身の柔らかさは絶品!
もちろん通常の牛たんも美味しかったのですが、最初に食べた極みは
今回の旅行で一番の「極み」でした。(^O^)

夜は、お世話になった方に葉書を書き二日目の夜を終えました。
絵はがき

二日続けて世界遺産なんて・・・
びっくりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。