初めての骨折から1年経ちました。

ちょうど一年前の今日でしたね。
水海山の沢に飛び降り、足首を骨折したのは。(笑)

きっかけは、水海山の河川が増量。沢が浸食されたことでした。

雨から一週間後。
「浸食された沢の先はどうなっているんだろ?」
そんな素朴な疑問を解決するため、沢に降りることに。

 

ところが、低いところでも2m位あり
飛び降りるしかないか・・・

約2mほど土手を下り、沢水の流れていない岩の上に
ポン!
と飛び降りると
ズキン!!

岩から伝わる衝撃は、踵から頭の先を通り抜け天空に。。。(>_<)

尻餅を付いたショックで長靴の中には沢水が。
結局びちゃびちゃになっちゃいました。

立ち上がって、手を伸ばすと
あっ、飛び降りたところはこんな高かったんだ。

実は身長(163cm)くらいかなと思っていましたが
手を伸ばしてもまだ届かない。(苦笑)

 

その時は、足首を痛めたくらいしか思っていなかったので
そのまま沢の先まで歩いて行きました。
その様子がこちら

足を引きづりながら、岩盤の上を横倒れの木をくぐりながら。
今思うと大変でしたね。

そしてようやくたどり着いたのが、動画の通り。
小高い滝のような場所でした。

 

来た沢を再び戻り、さてどこから上がろう?
実は上がれる場所がなく。。。

結局、道路下の排水路から沢水が流れ込む上流に。
右足をひねっていたので、左足を崖の小石に掛け
上がろうとしたのですが、排水口まで手がかからない。

仕方なく、ひねった右足を土手の小石に掛け
(体重が掛けられないので)
すぐに左足を小石に。更に右手を伸ばすと
排水口になんとか手がかかりました。

足の状況からワンチャンスと思っていたので
右手のみでグイ!と、体を持ち上げ、
ようやく沢から脱出する事ができました。

その時の影響で、今でも右肩はおかしく・・・(>_<)
よほどの力がかかったのでしょうね。
 

その後、マニュアル車の軽トラックを運転して自宅へ。
アクセルはほとんど置くだけでしたね。

帰宅後、足を洗ってパソコンに向かっていると
冷たい。しびれが。
「これはやばいかな。」
と、病院に行ったのが17時頃。

夜の急患扱いとなり
レントゲンを撮ってもらいましたが
「捻挫でしょ。」

一週間分の湿布をもらって帰宅。
眠れない日々が続き・・・
 

骨折とわかったのは、それから一ヶ月先の11月1日でした。

担当した先生曰く
「う~ん、CT撮れば良かったね~勉強になりました。」
レントゲンだけでなく、CTを撮ればわかったんですね。
 

今でこそ笑い話ですが、骨折を診断してくれた先生曰く
「体重のかからない所だったからよかったのですね。
(骨が)変にくっついたりするんですが、きれいですから。」

運が良かった。
と。
 

あれから一年。
当時の日記を読むと、骨折したままムロアジ製造をしたり
PTA島しょ連合大会で三宅島に行ったり。
無茶し放題。(笑)

でもそんな一日一日があって
今日があります。

骨折をしたからこそ出会えた人もたくさん。

でもこれからは無理をしないで、
コツコツと生きていきたいと思います。
 

ちなみに骨折に気づいたレントゲン技師さんからは

「もう少し骨折箇所がズレていたら手術でしたよ。」
「2mの所から岩盤に飛び降りたら人間の骨は折れるんです。」
「もう少しで捜索願になるところだったんですからね。」

反省ばかりですね。(>_<)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。