大時化の中、軍艦島に上陸できました!(^O^)

今日は日曜日!
旅行から一週間たったのですね。

旅行内容をまとめてみましたので
ご紹介しますね。
1月21日(日)
八丈島から別府までは、こちらです。

1月21日(日)夕方
地獄巡りを終え、亀の井ホテルへ到着。
亀の井ホテル

知らずに宿泊したのですが
オーナーの油屋熊八さんは、別府を湯の町にした方だったのですね。
油屋熊八

油屋さんが全国に別府を宣伝した名言
「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」
は、思わず「あっ~」と頷いてしまいました。

商店街にはこんな写真も
当時の写真

この他にも地獄巡りに女性バスガイドをもちいる等
アイデア優れた方だったようです。

ホテルの夕食を終え、
バイキング

 

タクシーでGくんのお店「夜カフェ10」に向かいました。
外から覗くと、糸永衣里さんの貸し切りライブが行われてました。

しばらく近所を散策し、再びお店を覗くと
「アンコールみたい。」
そんな時、
「あっ~」

Gくんにばれちゃった~(苦笑)
「中入って!」

ちゃっかり糸永さんの演奏を聴くことができました。

ライブ後、店内の片付けを終えると
ほんの少し糸永さんとお話しする機会を頂き
ミクママ曰く
「バイオリンですか?少し音が・・・」
「ヴィオラです。」
「やっぱり!」
音楽無知の私にはさっぱり。(笑)

 

そんな忙しい中、Gくんとお話しすることができました。
とっても素敵なお店で!
夜カフェ10

お店に入ると
店内

中も広くてびっくり。
「こんなはずじゃ無かったんですが~」
なんて、Gくん。
「駐車場も広いわけだね~」
と話すと、
「ここら辺りの方は車が無いと。」
「そうなんだ~」

お店が開店したときから務めてくれてるスタッフさんや
八丈にも来たことある同級生みんなと一枚。
みんなで

初めは誰だっけかな~
と思いながら
そう言えば、「Gくんに言われてきました~」
って当店に顔を出したのは~(^O^)

そんなことを思い出しながら
Gくんのお話をたくさん聞くことができました。

 

私とGくんは、ケーススタディと言って
実際におきた起業会社の経営方法をモデルに
ディスカッションする授業を半年間学びました。

ですからこの三年間、Gくんがお店を営業し
失敗や成功のお話が、まさに授業事例のようで・・・

大変だったんだな~
と。

深夜0時までの営業なので、帰宅は
「今は午前2時には帰れるかな~」
帰宅してから経理の仕事があり
寝るのは4時頃とか。(>_<)
私には考えられないですね。

そんなGくんに送ってもらってホテルに。
玄関正面にエレベ-ターがあるのですが・・・
Gくんたち、玄関の外から
エレベーターの扉が閉まるまで手を振ってくれました。(>_<)

あれからお店を片付けたと思うと申し訳なかったです。
ありがとね。

 

1月22日(月)
翌22日は、門司経由博多です。
青空がくもりになり、更に雪の舞う峠を越えて
雪!

なんとか門司に到着。
「お昼どこにする?」
「ここでいいんじゃない。」
と気軽に入ったお店がこちら。
ファンキータイガーカリビアン

中に入ってから「ロバート秋山のお店だって。」
「えっ~」

お父さんがオーナーをしているお店で焼きカレーが評判のお店でした!
焼きカレー

熱くて、熱くて。(苦笑)
でも、とっても美味しかったです。

その後、関門橋(山口県下関市と北九州市門司区を結ぶ全長1.068mの吊り橋。)
で休憩。
関門橋
対岸まで780mある海底人道トンネルもあるそうで・・・
暖かければ挑戦したのですが
「寒けんてよっきゃの。」と。(>_<)

博多のホテルに向かい南下。夕方到着しました。
明日は、2年前時化のため乗船できなかった軍艦島ツアー。
「今晩は早めに・・・」
と、中州の夜は早々に帰宅し明日に備えました。(^O^)

 

1月23日(火)
翌23日は、朝8時半前に出発。
順調ですと2時間ほどで到着するのですが、雪の心配もあり
早めに出発しました。

昨日同様青空がくもりになり、ちょっと心配しましたが
長崎に入ると青空も。
長崎
無事2時間で到着することができました。

到着時のお話しはこちらです。

 

「そろそろ(上船場に)行きますか。」
と港に向かいます。
軍艦島ミュージアムから歩くこと数分。船乗り場に到着。
雪が舞いはじめ、空気が冷たかったですね。

赤い服を着たスタッフの方達が
「今日は冷たいので、出発ギリギリまで室内で待って下さい。」
とのこと。

売店兼待合室で、30分ほど待ちました。
「すみません。まだのようなので・・・ツアーとは関係ないのですが
あちらに見えるバハマの船は、6000人乗りで。」
とスタッフの方がお話し始めました。

狭い待合室。椅子も無く並んで立たされていましたので
みなさん、ホッとした様子に。

予定の25分を10分?15分ほどまわった頃でしょうか?
待ちに待った乗船が決定!(^O^)

 

スタッフさんの挨拶が始まると
「日本人の方は本当に素晴らしいです。私、海外の添乗員を務めていましたが
誰一人文句も言わずにずっと待っていて下さる。本当に素晴らしいです。」
と。

ちなみに、先ほど紹介した大型船。
15時出航予定でしたが、16時過ぎてもまだ停船中。
ポー
と、汽笛が鳴っても
たくさんの方が荷物を持って道路を歩いていました。(>_<)

国民性って、やっぱりあるのですね。

走り始めた船は、外港を出ると
波
波の方が窓より高くなりました。

「軍艦島に着くかどうかは、船長の判断です。」
とのことでした。

他のツアー船、2社は欠航に。
どうなるのかな~
と思いつつ、大時化のなか寝てしまい・・・(苦笑)

 

気がつくと
軍艦島に船が!

軍艦島に船が見えました!
「あそこに着くのかな?」

しばらくすると、停泊していた船が出航。
私たちの船が接岸します。

大揺れの中、横付け。
ロープをつけに行った船員が
「あっ!危ない!」
なんと、コンクリートと船に挟まれ
びっくり。
「挟まれたよね・・・」
一瞬でしたが、怪我も無く良かったです。

そんな、船員さんの様子がツアー会社さんのビデオで紹介されてました。
船内からよく見えませんでしたが、こうやって軍艦島にロープを着けてたのですね。
時化てるときは危ないはずだ。(>_<)

体を張ってくれた船員さんのおかげで
無事、軍艦島に上陸できました。
上陸

 

広場に着き説明を聞きながら、
説明

写真を撮りました。
軍艦島

地下約1km下で石炭を掘っていたそうです。

私たちが着いた軍艦島の詳細がこちら
詳細

島の中央辺りに飛び出した港に着き、画面左端の方に歩いて行きました。

その先端で、スタッフの方にとって頂いたのがこちら。
みんなで

実はカメラを渡したとき、私の指にカメラのひもが引っかかり
あっ!
その時、傷ついたのがこちら
傷

軍艦島の傷なんて、ちょっと良い想い出になりました。(^O^)

帰りの船では、船上部の外にも出られると言うことで
強風の中、撮ってきました!
軍艦島

ちなみにどれくらい揺れてたかというと
潮風と揺れで
つかまっていないと倒れるくらい強風と揺れで大変でした。(苦笑)

初めての軍艦島。
大時化と、寒気に包まれ
とても想い出になりましたね。

ちなみに私が参加したツアー会社は、軍艦島コンシェルジュ
スタッフさんのお話では
5回連続、上陸できなかった人もいれば
9回も上陸ツアーに参加している方もいるとか。

ツアー会社によって、上陸率も異なるそうですよ。
もちろん、コンシェルジュさんは上陸率高い会社でした。(^O^)

 

1月24日(水)
長崎二日目。
いつもなら自由行動日ですが
今回はみんなで平和記念公園に。
平和祈念像

更に諫早湾を横目に島原まで足を伸ばし
島原城

島原城に行ってきました。
入り口にて

 

長崎市内に戻り、夕方は自由行動。
2年前行けなかった出島に行ってきました。
出島

人も少なかったので、パソコンでゆっくり出島の勉強をできましたね。
パソコン画面で

更に大型のモニターでも勉強。迫力がありとてもわかりやすかったです。
モニターで

 

1月25日(木)
最終日は移動日。
長崎空港から羽田経由八丈島に。
移動の様子は、こちらです。

今回の旅行は、日本全国寒気に見舞われ
心配されましたが、移動もスムーズで
良かったです。

何より軍艦島にも上陸できたのが
一番の思い出でした。
スタッフのNさんから
「エネルギー政策転換で、この様になった軍艦島の姿を
特に若い人たちには見て欲しいです。」
と訴えられた言葉は、心に響きました。

また、出島も詳しく勉強でき
軍艦島と出島の対比も自分の中ではよい勉強になりました。

そうそう、Gくんとの再会は忘れられない思い出に。
各お土産屋さんの
値段設定や商品の見せ方なども良い参考になりましたね。

今回の旅行で学んだ事を今後に活かしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。