妻の語った夢とは。

今日は朝から漏水漏れの場所を確認するため町役場の方が。いざ土を掘り始めると、下水口のふたが置いてあったり・・・「漏水箇所が、コンクリート下かもしれないので水道業者さんに依頼します。」とのこと。

漏水

しばらくして業者さんが来られ、更に掘り進めると今度は電柱のアースが。

水中から電柱のアースが

急遽、東京電力さんを呼び確認。
「三本あるんだけど!」
と、それぞれの線を確認し、電気の有無を確認すると
「大丈夫!電柱を立て替えたときの古いものかも。」

「じゃあ、線切るよ!」
更に掘り進めると、ようやく管が露出してきました!
「どこから来てるんだ?」

実は想像していた方向とは違う方向から水が来ていて・・・
元栓は?

そんな時、お客様が来店。
「少し加工場見て行きますか?」
「はい。」
親子三人で加工場見学を。

実はとても「菌」に詳しい方で。(^O^)
「バチルスとか?」「好塩性の菌って限られるから・・・」
私自身もっと詳しく知りたい!
と思ったのですが、三歳のお子様が寝てしまい、断念。(>_<)

お客様が帰宅後、水道管を見に行くと
土中の水は抜かれ、バルブの下から水が噴き出していました。

「どうしたの?」
「古くて、(バルブの下が)割れたんだな。」
「そうなんだ~」

塩ビ管 1mほどとバルブを新しいものに交換。
更に新しい砂と土をいれ、工事を終えました。

完了

実は打ち込まれたアース管のすぐ脇に水道管があり、
「よくぶつからなかったな・・・」
運良く水道管の真横に差したようで。
地面の下は見えないので怖いですね。

ちなみにこの水道管は、隣のT叔父のところから来ていて
「この先は?」
「ここで終わってるみたい。」
「そうなんだ~」
わが家とは別配管でしたね。どおりで影響感じないはずだ。

そんな今日、一通の封書が届きました。
何だろうと開封すると、今年の一月、パブリックロードレースに参加した「わが家」の島系子供達からのプレゼントでした。笑

アルバム

わが家で宿泊した様子や、観光の様子。もちろんハーフマラソンの様子など、それぞれの思いが散りばめられた手作りのアルバム。何度見直しても飽きない。(笑)

そして同封された招待状には、次のハーフマラソン参加の話しが。
まじか!(苦笑)
妻の語った夢を具現化させるとは。

この半年間、実はこうした感動をどうしたら届けられるか学んできました。そんな自分が逆の立場で驚かされるとは・・・正直参りました。まだまだ、学ぶこと多いですね。(^O^)

みんな!ありがとね。
いろいろな意味で学ぶことたくさんの「思い出」でした。こんな思いを、もっともっとたくさんの方に届けたい。そう思います。そのためにアイデア絞って、更に考えていかないとですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。