思い出すのに時間がかかりますね。

今日は午前5時過ぎ起床。
閉じこもり生活も今日を含め3日となり
「そろそろメリハリつけなきゃ」
寝る時間も昨日は1時間早め23時。
一時間ずつ早めていかないとですね。

一時間といえば、
今日も一時間ごとに屋内ウォーキング。
お昼前に5118歩。

昨日は肺に少し負担を感じやめましたが
今のところ昨日ほどではなく順調。

一昨日は歩き始め初日。
昨日は歩くフォームに気を付けて。
そして今日は、
「あれ?いつもより歩数進むの早いな~」
と思ったら、歩くペースが上がってました。
だいぶ戻ってきましたね。


戻るといえば、
今日は箱根駅伝の動画を視聴。
もちろん大会ではなく裏話を。

大会途中、疲労骨折でタスキを切らし、
翌年、優勝した神奈川大学さんのお話でした。

当時のコーチさんが、
「棄権することで、4つも5つも飛び越えてステップアップできた」
と言うようなお話がとても素敵でした。(言葉は正確ではないです)

部員みんなが、とても濃い一年を過ごしたのでしょうね。
疲労骨折した学生さんが復路エース区間で区間3位と頑張った姿も素晴らしかったのですが、25年余りの時を超え、「トラウマにならないよう、立ち直らせるにはあの区間しかなかった」と、選手の将来を考えるコーチさん。指導者ってこういう人を言うんだろうな~と思いました。


指導者と言えば、
「僕は指導者にならないので(例年必須だった)教員資格は取りません。その分練習に打ち込みます」
と、東海大学一年次声を上げたのは、中島怜悧(レイリ)さん。
箱根駅伝一年生時から三年連続で6区を激走。三年次は優勝しましたね。あの黄金世代です。

そんな彼がユーチューバーになってまして。
初めて見た動画が、
「あまり好かないな~」(>_<)
新人いびりみたいな、「やな感じ」だったのですが・・・
その動画がこちら。

でも動画見て思ったんですよ。
出会い方はこうでも、二度三度出演していくと
楽しくなるんだろうな~
って。案の定はまってしまい~

後日、そんなお二人の練習動画をアップ。
だいぶリラックスしてましたね。今後が楽しみです。
二人と言えば、黄金世代の一人、阪口選手との練習風景もありました。

卒業後3年振りらしいです。
そんな阪口選手の契約先は、なんと「on」
そう、北海道マラソン2022のTシャツを作成した「on」さんでした。

なんか繋がりますね~
で、私思い出したんですけど、
5月にランニングシューズを購入する際
大きなポスターが張ってあって
「これは?」と聞くと
「知りません?今、人気なんですよ」
と紹介いただいたのが、onでした。

残念ながらシューズがなく、履き比べできませんでしたが
北海道マラソン動画を見て、
「この靴底どこかで見たことあるな~」
と。
すぐに思い出せないのが、自分らしいです。(笑)

追伸
低い階段を前に、
「これくらいだったら、片足ケンケンで上がれるな」
と、片足を上げると
「えっ、どうやって上に飛ぶの?」
体が固まってしまいました。(>_<)

しばらく考えて、
「無理」

一度諦めてから、
「あっ、助走をつければいいかも」
と二、三歩後ろに下がり
ケン・ケン・パ!
の勢いで、飛ぶと
「上がった!」

体全体を使って飛び上がるのですね。
すっかり忘れてました。
体を動かさないって、本当に怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

画像(JPEG)をコメントに添付できます。