手元の番号を見ると、「1番」でした(^O^)

昨日に続き、今朝も散歩の声で「はっ!」と目が覚め
時計を見ると、「4時過ぎか~」
昨日より1時間早いのですが起床。

今日の仕事と、発送の段取りをし帰宅。
急いでシャワーを浴び、7時35分には家を出て病院に向かいましたね。

病院の待合室に入ると
「あっ」
「おっ!」
「ここに座ってればいいの?」
「そう、そこにおとなしく座ってればいいの。」(笑)

8時からの受付なのですが、みなさん順番に並んで座っており~
私は最前列席の5番目。
「少なくてよかった~」と思いつつ、持ってきた本を読むこと20分。

「おっ、はじまった!」
二台の受付機へ交互に並び、「外科」、「診療」と押し完了。
手元の番号を見ると、「1番」(^O^)

びっくりしちゃいました。
「たかひろ!」
振り返ると同級生のJが。
「気づかなかったよ。」(>_<)
奥さんと二人できてましたね。

一度帰宅し、荷造りした商品をクロネコヤマトさんに届け再度病院へ。
8時半頃でしたが、すでに始まっている科(?)もあり待合室にはたくさんの方が。しばらくして、「たんぱく質は・・・」とホワイトボードを使ったお話しが始まりました。

本を読みながら、半分聞き耳を立てていると、「血液中のアルブミンが少なると腎臓が悪いとわかります。おしっこから漏れ出すんですね。」(正確ではありませんが、たぶんこんなことを話していました。)

たぶん10分か15分くらいの講義なのですが、受付を待つ間お話を聞く方が多くびっくり。「これいいな~」と思いつつ、ここだけじゃもったいないのでこんなことを島中でできると楽しいな~と思っちゃいました。

しばらくして、後ろで同級生の声がし
「帰るの?」
「帰るよ。仕事だもの!」

「J!わが見るよ。」
「助かろわ~」
「Jの友達!」

「私、1番なので。」
「私3番。」
「じゃあ、3番まで一緒にいるね。」
「ありがとう。」

「お名前は?」
「Rです。」
「おさだです。」
「ベトナム?でしたっけ。」
「はい。」
「来て?」
「半年。」

初めはぎこちなかったのですが、なんとなく会話が成立し初め
「島は楽しい?」
「楽しい!温泉行く!海きれい。」
「ベトナム、行ってみたいね。」
「来て!北は寒いけど南はいつも暖かい。」
「そうなんだ~」
「エビ、カニ美味しい!でも海は・・・八丈みたいに綺麗じゃない。」(笑)

そんな会話をしていると、受付が始まり
「1番 おさだ・・・」
「はい。」

「おさださん!久しぶり!どうしたの?」
「ちょっと湿疹が。」
「あっ~じゃあ、お薬出しときますね。」
「月末にシアトル行くので、それまでには治したいんですけど。」

「シアトル!一週間くらい?」
「3泊5日。」
「行きたいな~」
「いや、私は日本の方がいいんですけど~」(>_<)
「(笑)代わりに私が行きたい!」

あっという間に診察は終わり、
「じゃあ、(薬)少し多めに出しておきますから。」
「ありがとうございます。それから、3番のRさん。Jの嫁さんなんだけどまだ日本語が・・・」
「あっ、わかりました!」(^O^)

3番の受付まで待ち、中に入ったのを確認。支払い受付へ。
「おさださん、久しぶりだね~保険証コピーしていい?」
「はい!」

骨折以来だから、2年ぶりくらいかな?
支払いを済ませ、薬屋さんに。

「内服薬で治ると思います。」
「そうなんだ~」
「眠くなるので、車の運転には気をつけてね。」
「はい!」

今は、内服薬で治るんですね。
とりあえず、今日、明日は治療に専念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。