春飛魚の製造がスタート。ようやく八丈島の春をお伝えできますね。

いよいよ始まりましたよ!!
春飛魚の製造です。

朝一番、くさや液の塩分調整をしながら製造準備。
6時半頃、港に行くと
キンメ、カツオを目指しほとんどの船が出漁。

昨晩出漁した飛魚船は、
まだ帰ってきていませんでした。

7時15分頃、再度港に。
R丸は帰港し、水揚げを開始したところでした。

「今日からよろしくお願いします!」
と船頭のYさんのところに行くと
「あんでぇ、こないだ買いんなかろ!」
「母が婦人会の総会で。時化で一週間待ち焦がれた~」

「今日は、特大はあだだかの~」
と言ったところで、

「みんなおっききゃ!(大きい)」
と、乗組員の方が。(笑)
「とんでもない。この時期開ける(製造できる)だけでうれしきゃ。」

水揚げ

この時期の春飛魚は産卵前ですので、
栄養分が卵にいってなく脂ののりがよいです。
何より身が厚い!

更に気温も低いので、鮮度が抜群に良いです。
お腹もご覧の通り真っ白!
お腹真っ白

選別をし数え終わると、すぐに入荷。港から加工場までわずか38秒です!
春飛魚!

午前7時45分頃には、製造を開始。
飛魚製造

お昼過ぎには、くさや液に浸け終わり
くさや液

母お手製の、手塩も終了しました。
手塩

それから白子をとりを行いました。
ぷりぷりの白子。
初ものは、毎年のことですけど美味しそうですね。(^O^)

もちろん、今晩は
春飛魚のたたきと、白子の酢醤油&煮付け
で決まりです!

 

おっと
例年より100g増量で、「白子」の販売を開始しました!
もちろん、お値段は据え置きです。

ぜひ、お楽しみ下さいね。
春飛魚の白子、ご注文は、こちらです。

 

片付けと、明朝の製造準備を終えたのは
なんと、午前1時半。
ちょっと遅めの昼食となりました。

港に万両ザルを返しに行くと
「(飛魚船)今日は青ヶ島に行くって。」
「そうなんだ~」

昨晩、島周りであまり漁模様が良くなかったので
青ヶ島まで出漁だそうです。

漁場が遠くなりますが、豊漁が期待されるので
明朝はまた賑やかになりそうですね。

 

できたて発送は、14日(火)です。
東京都知事賞受賞!
春飛魚の「くさや!」、ご注文は、こちらです。

匂いの苦手な方には
母お手製の手塩仕上げ
春飛魚の「塩干し」がお薦め。ご注文は、こちらです。

八丈島の春を、ぜひお楽しみ下さいね。

ようやく春を伝えることができ
ホッとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。