朝一番の電話は・・・

朝一番、部落長(地域振興委員)のTくんから電話が。
「Hおばちゃんが亡くなったって。」
「えっ~」

すぐにミクママに声をかけ
「7時には、行くから。」

部落長の奥さんは上京中。
副部落長は上京予定で、奥さんは仕事納めで忙しく
4月から副部落長の奥さんも上京中。

こんなこともあるのですね。

取り急ぎ、お通夜お葬式の段取りのため
相談に行ってきました。

1年前は、親戚のMが亡くなり
神湊西地区は、二年続けて年末葬儀に。
部落の方にも忙しい時期に申し訳ないのですが
協力してもらう様お願いしてもらい・・・

明日がお通夜、
明後日、13時出棺に決定。

加工場の方は
明日の午前中までに、製造を終えないとですね。

そんな状況なのに、今日はできあがり
燻製製造、出荷と大忙し。
何が何だか、頭の整理もつかず
目の前の仕事を一つ一つこなすだけでした。

夕方、できたての燻製を持って
Hおばちゃん宅に。
親族が揃って、供養を。
「上がってくか~」
「いや~まだ仕事があるから。明日また来ます!」
「お~い!よろしく。」

H兄ちゃんは、五つ先輩。
K兄ちゃんは、二つ先輩。
そして、Sはサッカー部の一つ後輩。

子供の頃から親しくさせて頂いたので
Hおばちゃんが気になり
「あだど~(様子はどお?)」
「何かあれば連絡してよ。」
と伝えていたのですが、まさか今日とは。

「年明けまではもつと思ったったいどう。
先生からも今日相談する約束だっとうだら~」
「そうだったんだ~」

本当にびっくり。

明日は葬儀のお手伝いを、精一杯頑張りたいと思います。

その前に、早朝からお昼までに
全ての製造作業を終えないと。
ですね。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。