朝焼けから11分後の朝日です。

昨夜は19時過ぎに帰宅。
午前2時半から長い一日でしたね。

そんな今日は午前0時半前に起床。
8月上旬の疲れが一気に爆発。
21時過ぎにお布団に入ると、深い深い眠りに。

起きたくない!(>_<)
と思いつつ、0時過ぎに目が覚め「そろそろ行かなきゃ。」

乾燥機の台車方向を入れ替え、一時帰宅。
和室で、ボッ~としながらビデオに映し出された「ナイロビの蜂」を見始めました。一度見たのですが、内容が良く理解できず・・・

「あ~こういう事だったのか。」
利権に立ち向かうには勇気がいります。ましてや人の命が関わるとなれば辛いものがあります。政治に立ち向かい真実をあからさまにする使命感。この人の人生とは。考えてしまいますね。

正直なところ、まだまだこの映画を理解してなく。今度時間あるときに見直したいと思います。

観ると言えば、水海山最終処分場のドキュメンタリーを撮影してくれた松林要樹監督が、昨年作った「語られなかった強制退去事件」。再放送されます!

NHKBS-1スペシャル 
8月14日(金)13:00~

内容
第二次大戦中、ブラジルの港町サントスに定着し暮らしていた日系移民6500人が、ブラジル政府の命令で強制移住させられた。この悲惨な出来事を、戦後ブラジルの日系人は公にも、そして家族の中ですらほとんど語ってこなかった。しかし去年、強制移住させられた人々の名簿が見つかったことがきっかけで、生存者の証言集めや資料収集が始まった。「多人種が共存する平和な社会を築くヒントにしてほしい」との願いをこめて。 (NHK BS1スペシャルから)

忘れないうちに、録画したいと思います!
水海山処分場に関わった頃はみんな若かったので、監督として成長した姿を見るのは嬉しいですね。

こちらはもっと成長中!
なんと先日お手紙で「小むろ」を注文くれたNちゃんからハガキが届きました。
「身がやわらかくておいしかったです。」と!!

嬉しいですね。(^O^)

コロナ禍の生活で学ぶことは本当に大変ですが、世界が共通して立ち向かう姿はきっと未来に繋がると思います。Nちゃんも頑張って下さいね。

そうそう「小むろ」と言うと小さいので硬めに干してると思われがちですが、実はふっくらと優しい味となっています。ただ、冷蔵庫の中に入れておくとすぐに水分が飛んで硬くなってしまうので、サランラップに包んでジッパー付きの袋に入れ冷凍保存すると長持ちします。1kg箱でご購入の方はぜひお試しくださいね。

ご注文は、こちらです。
明日13日ができたて発送日です。

今朝は、5時前に再出勤。
午前4時58分、朝焼けがきれいでしたね。

朝焼け

それから5分後。朝日が昇り始めました。

日の出

更に6分後、眩しい朝日にびっくりでした。

朝日

背中に朝日を浴びるとご覧の通り。

影

長く長く伸びてましたね。
私の睡眠時間も今晩からようやく延びそうです。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。