木村草太教授のお話を直接聞くことができました。感想は!

昨夜は、初めて税務関係者との交流が。
青色申告か会長はじめ、法人会会長等々、
あっ、町長も来られましたね。
最近のテレビ放送が話題に上がっていました。

で、途中退席。
七島信用金庫に直行すると、10分前でしたのに
たくさんの方が。

椅子が間に合わず、応接間等々から移動し
それだけで汗だく。(>_<)
こんな日に限って、スーツなんですよね。

で、定刻にはほとんどの方が席に。
木村先生のお話を聞きたいという方の姿勢が
伝わりましたね。

木村草太教授は報道ステーションコメンテーターとのこと。
私はその時間ほとんど寝ているので・・・(>_<)

で、詳しい情報は何も知らなかったのですが
今調べましたら
高校3年の時には、司法試験の1次試験に合格。
東大法学部で「優」8割。
20代で准教授。
現在は、首都大学東京 都市教育学部 法学系の教授
だそうです。

今回、憲法と私たち」というテーマで
お話をしてくれました。
「憲法というのは身近な物ではなく、困ったときの物なんですね。」
淡々とお話しする姿勢に、これまでの島民大学と違う。

いや、
パワーポイント等々を使わず、お話しだけの講義は
大学時代を思い出し、何だか嬉しくなっちゃいました。

各国によって異なる憲法の成り立ち。
日本、アメリカ、ドイツ、フランスそれぞれにお国柄があり
なぜ今この様な憲法なのか教えて頂きました。

学生さんへのサービス試験問題で
憲法第9条の問題を提起したところ95%回答率だったとか。
5%の学生が間違い・・・大丈夫かな???

天皇は、○○である。

○○は、わかりますよね。
象徴である。

一人だけ間違えていたそうで
「偉大な4番バッターである。」
と書いてあったそうです。(笑)

他の試験問題はきちんと書かれていたそうで
正確に記憶していませんが、私への回答だったのではと。
そんなお話をしていました。

北朝鮮問題は、国際法の問題であることや
安倍首相の憲法改正論をはじめ
組み体操、PTAの話題を例に1時間半弱お話ししました。

で、正直なところ、ちょっと他のことを考えると
話題について行けず、慌てて集中。
その繰り返しでした。

それでも先頭を走る方のお話を聞くことは滅多に無いので
とてもよい機会でした。

で、今日は和光大学の学生さんたちが見学に。
10時50分過ぎに始めた見学。
1時間くらいの予定でしたが
11時35分から、時計が・・・

「長田さん、今日のお話し最長!」
「えっ、今何時ですか?」
「12時2分。」
「えっ!!ごめんなさい。」(>_<)

焦っちゃいました。(苦笑)

それでも、みなさんから
くさやの見方が大きく変わったことを
伝えて頂きとても嬉しかったです。

どうもありがとうございました。

忘れないうちに感想を書き綴りたいのですが
これから町役場で会議。

出荷等で汗だくになってしまいましたので、
シャワーを浴びてから行ってきます!

うわ~
カツオとキンメ頂きました!
「獲れたの?」
「潮が悪くてダメ。」
「そんな時に、ありがとう~」(^O^)
カツオとキンメ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。