橘丸のすごいところは、これでした。

昨夜は、22時前に熟睡。
さすがに強風波浪注意報の中、三宅島から八丈島への船旅は疲れたようです。

昨日もご紹介しましたが、当時の波高は「4m!」
画像では伝えきれませんので、動画をアップしてみました。

橘丸甲板からの様子は、こちら

揺れてますね。
撮影しながらもゆらゆらしてました。(苦笑)

 

驚いたのはこんな時化の中、
「あっ鳥!」
こんなところまで飛んで来るんですね。
餌を探しているのでしょうか?
ひたすら水面にてチャレンジしています。

酔っていない方はこちらもご覧下さいね。
海鳥の姿は、こちら

 

一応ですが・・・
橘丸、揺れることは揺れています。(笑)

でも、この波の中、想像するほどの揺れでは
なかったんです。
その秘密が、紹介されてました。
2個のプロペラが向かい合い
アジマス推進器と言うハイブリッド方式で、
低燃費、低騒音、低振動を実現したそうです。

わかりにくいですね。(笑)
詳しい動画説明は、こちら

 

ちなみに一ヶ月前の画像ですが、底土港に接岸する橘丸です。
橘丸

全長118m 全幅17m 総トン数は5,681トン!

で、今回初めて知ったのが定員数。
東京から御蔵島は、沿海区域と言われ1,000人なのですが
八丈島は、近海区域となり、旅客定員は596人だそうです。

平成26年6月に就航したばかり。
室内もきれいで、とても居心地良かったです。

この時期は、利用する方も少ないので
私は8人部屋に一人でした。(笑)

ぜひ、一度ご利用下さいね。
予約等は東海汽船のサイトからできます。
こちら

 

だいぶ話が逸れてしまいましたね。(笑)

実は睡眠4時間後の午前2時。
はっと目覚め、アジアの19歳以下のサッカー選手権
AFC U-19選手権決勝が頭に浮かび
「見なきゃ・・・」

過去の大会で一度も優勝したことのない日本。
これまでと異なり、試合開始直後から前からのプレスに
パス回しが思うようにできずに押され気味でしたが
相手のシュートミスにも助けられ0-0でPK戦に。

5人目小川選手の視線がゴール左をちらっと見た直後
ボールだけを見て助走がはじまりました。
そして
サウジアラビアのGKが視線の方向に飛んだ瞬間
ボールは反対方向に突き刺さりましたね。

決勝戦は思うような展開ではありませんでしたが
勝つこと何より大事。

来年5月に韓国で開催される
U-20ワールドカップ
がんばって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。