次々と音が大きくなり「まるでオーケストラ♪」(^O^)

今朝はすごかったんです。
予兆は、昨日からあったのですが・・・

今日は青ムロくさやの製造。
朝一番、くさや液をかき混ぜると、
ジュワジュワジュワジュワ~と発酵の音がし始めました。

泡

隣タンクのくさや液をかき混ぜると、更に音がし始め・・・計5タンクを混ぜ終わると、次々と音が大きくなり「まるでオーケストラ♪」(^O^)

すごいですね。
これまで発酵の音は、気温が高いとき程鳴ると思っていましたが間違ってたかも。今朝のくさや液室は13.6度、湿度59%。

水が冷たく、製造が大変でした。(>_<)
よくよく考えると、春飛魚時期の4月頃もよく音を発してましたね。4月の平均気温は15.2度。何か見えてきましたね。

くさや菌は「温度が高いほど発酵力は高いですよ。」と藤井先生に教えて頂きましたが、このかき混ぜたときの音とはまた別物なのでしょうか?

ちょっと興味沸いてきましたので、今後調べてみますね。

で、すみませんが・・・
明日は午前2時から製造予定なので、今日はこの辺で。
ごめんなさい。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。