海底資源のお話しは魅力的でした。

今朝一番、天候が心配された飛行機も無事就航。島民大学講師 坂本先生の見送りを終えホッとしました。同じ東海大学海洋学部卒と言うことで、35年ほど前には沼津校舎、清水校舎と同じキャンパスで一時期を共にしていたのでしょうね。こうして時を超えて出会うのはとても不思議です。

ちなみに年齢は私が一つ上なのですが、私自身、先輩後輩のお付き合いが苦手で大学に進み~ ゼミ室の先輩後輩のお付き合い以外は、同級生しかありませんでしたので、ある意味新鮮でした。

坂本先生と

そんな今回、陸地も海底も繋がっていると言う考え方はとても刺激的でした。それは津波や噴火という災害リスクだけでなく、資源においてもとても魅力的なお話しでした。

近海にある海底火山は栄養塩に富み、湧昇により運ばれる栄養素が植物プランクトン、動物プランクトンを増やしそれらを餌とする多くの魚類を集めより良い漁場となること漁師さんの経験からも周知の通りですが・・・現在では更に鉱物資源の発見と、それを入手し資源として搾取する技術も進んでいました。

特にマンガン団塊が数万年と言う月日を隔てて形成されるのに対し、海底から発せられる熱水鉱床は10日ほどで1cmほど形成されるとか。そのスピードの早さには驚かされました。近い将来、八丈島をハブとしてたくさんの資源開発が進むかもしれませんね。

また、火山岩の成り立ちは各島により異なり、その見せ方はとても興味深いことを知りました。この点についてはまだまだ勉強不足で、自分自身今後の課題にしたいと思います。海底ゴミのお話しを初め、まだまだたくさん伝えたいお話しあったのですが、頭フワフワ状態で。ダメですね。泣

それにしても今週は日中外出が多く、あっという間でした。
今日は午後から旧道を歩く野外講座ですが、11時現在まだ雨・・・
予報通りにあがって欲しいのですが、どうでしょうね。
13時半集合時点の天候で決まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。