第70回の島民大学。とてもおもしろかったです。

昨夜は、二日目の島民大学に行って来ました。
池内紀先生の
「過去の克服」に向けてードイツ文学から学ぶものー
でした。
一日目は、
池内先生の子供の頃からの実体験から歴史を振り返りましたね。
大学卒業後、就職せずに大学院に進んだ当時、
「何をしたいかわからない。でも何をしたくないかはわかる。」
と・・・
そんな想いを聞き、3月から就活をはじめるミクを思いました。
どんな職業を目指すのかなと。。。

歴史はある日突然変わる。
小さな月曜デモがわずか3週間でベルリンの風を崩壊させ国を変えた。

グローバルな社会とは、いろいろな国の人と住めることでは。
助けを与えられる国にならないといけない。

過去を忘れないことが私たちの義務である。
「未来への提言」はリスクが少ない物にしなければ。
想定外なんて、「倫理」が許さない。

技術力があるからとか経済のためとか、そんなことは
「倫理にはない」とも。

難民問題、原発廃止。
ドイツが進める政策と日本の違いが次々と浮き彫りにされました。

そして二日目の昨日は
日独関連年表を下に、歴史を振り返ります。

第一次世界大戦の日本参戦は、
中国侵略の足がかりだったのですね。(>_<)

各国が賠償金を求めた戦争は 予想に反し休戦まで4年の月日が。

ドイツの賠償金は、国家予算の23年分に。
その後、ヒトラーが民主的な方法で独裁者となるのは
そんな背景もあったそうです。

その後日本も国連を離脱し、ドイツと同じように
世界から孤立していきます。

ドイツとソ連の不可侵条約は、
実は日本にも情報がもたされていたのに
政府の情報管理が全くなされていなかった。
というか・・日本は情報に疎すぎた。

自分の知らない世界が次々と紹介され
本当に勉強になりました。

「過去の記憶は忘れないこと」
それが克服の方法だとも。

日本は忘れたがる国民で
「今更言っても・・・」 とか
情緒的で曖昧な言葉が良いように聞こえる。

それはとても危険な事であることを認識しなければいけない。
まさに今の日本が進もうとしている道・・・
このままで良いはずがない。

だからこそ、過去の出来事をしっかり振り返り
常に議論することが大事であると学びました。

う~ん
お話しを忘れないうちに、しっかりまとめよう。
このままじゃ駄目だ。(>_<)

今日はムロアジくさやの製造。
水が冷たかったですね・・・
できたては27日(土)です。

次々とできたて希望のご注文頂き
励みになります!
明日は早起きなので、今日はこの辺で終了しますね。
ご注文は、こちら

それにしても昨日のケイは速かったな・・・
まさか10km 42分とは。

新しい目標ができたので、
私も頑張ろう。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。