違いのわかる方!嬉しいですね。

今日は久しぶりに町、支庁、都関係のみなさんが見学に来てくれました。
前回は、悪天候のため見学中止になりましたが
今朝は青空。

10時10分からの見学でしたので
「それまでに今日の発送を終えよう!」
と、朝一番からバタバタでした。(苦笑)
実は昨夜の、小中高PTA連合卓球大会の懇親会終了後
帰宅したのは0時をまわっており
緊張感から解放され、ポ~。

録画していた直虎を見てから1時半頃熟睡。
寒気に襲われ、「風邪引いたかな~」(>_<)

5時には目が覚め起床。
ギックリ腰の前兆があり、しばらく安静にしてから行動を開始しました。
ちょっと無理はできそうにありませんね。

 

早朝の港に行くと、船の多くは出漁。
ムロアジの入札価格を見ると、
「昨日は安かったんだ。」

当店と組合長が休みになると
入札数がグッと下がるので、漁獲量から逆算して
落札できる数が見通せます。

もちろん、入札数以上にくさや適正サイズが揃うと
最低価格で落札できるのですが~
今年は正直難しそうですね。

帰宅後、昨日の夕方作成しきれなかった
受注分の伝票を作成。
荷造り作業となりました。
試食くさやを焼き終えたのは、見学10分前。
美味しそうな香りが漂い
「すみません。」
「は~い。くさいところすみません。」
「いえいえ。」

見学予定時間は20分。
本来であればきちんと名刺交換して挨拶しなければならないのですが
せっかく来て頂きましたので
自己紹介後すぐに説明開始。

島の魚、特徴、製造方法と駆け抜け
くさやと教育をテーマにお話ししました。

「たかひろ!そろそろ。」
「はい!」

時計を見ると5分オーバーの25分が過ぎてました。
「すみません。質問時間も無く私が一人で話してしまい・・・」(>_<)
「いえいえ、ありがとうございました。」

 

 

「おさださん!一つ教えて教えて下さい。」
「はい。」
「なぜ、飛魚は背開きで、ムロアジは腹開きなんですか?」

よく見ていますね。
わずかな時間で、ご指摘頂きとても嬉しかったです。

自分自身の考えもあるのですが、あらためてネット検索して気がついたことがありました。
食教育情報WEBによると

【腹開き】煮物や焼き物など、内臓を出したい場合の開き方です。
【背開き】天ぷらや干物のように、熱を早く均一に入れたい時の開き方です。

と。
なるほど、内臓を早く取ることで魚の傷みも減りますね。
足の早いムロアジには当てはまりそうです。

飛魚の背開きを考えてみると、
「あっ~飛魚って、白子や卵を傷つけないように取るには腹開きより背開きかな?」
なんてことも考えられました。

たぶん、くさやの開き方もいろいろと試験工夫が行われ
ムロアジは腹開き、飛魚は背開きになったのでしょうね。

まだまだ調べるといろいろな知恵が沸いてきそうです。

 

さて、今日の入札はどうかな~
お歳暮ご注文も、「できたてで。」
と言うお客様が多いので、落札できると良いですね。

今が旬の、青ムロくさや!
ご注文は、こちらです。(^O^)

そうそう見学者の方が試食すると
「あっ、ほんとだ。食べやすい!」
「そうなの?」
「はい!」

違いを知って頂き嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。