雨戸が戸袋に入らなくなりました。(>_<)

雨戸を閉め切り二日目の朝でした。
玄関を出ると、

神湊漁港

はい、まだまだ曇り空の隙間に青空が出始めましたね。
ただ、海からの潮風は強く、「雨戸はまだ洗えないな~」

せめてお店の雨戸だけでもと思い水洗い。
一時間ほど乾燥させ、雨戸を開け戸袋にしまおうとすると
「えっ!入んない!」(>_<)

そう言えば昨日も、入らず半分しかしまわなかった・・・

戸袋の底を見ると、若干の砂と木の葉が散らばり水洗いすることに。中はだいぶきれいになりましたが、一枚目の雨戸がピッタリおさまらない。

ネットで検索すると、「ビー玉一個でも不可。」とのこと。
再度水洗いし、先ほどとは比べものにならない位きれいに流し~

「どうだ!」
「やっぱりダメだ・・・」
「(上の)この辺りがぶつかってない?」

と言うことで、今度は戸袋内の上部をジェット噴射で洗い流すと
「入った!」
4枚全てが入り、
「やった!」
「戸袋内を乾かした方がいいから、一度出すわ!」

ところが今度は一番最初に入れた雨戸が、戸袋から出てこない。
「何か引っかかってる。」(>_<)

戸袋内を見ると、「あそこの下、傷ついてなかったよね?」
「うん。」
「と言うことは、上から落ちた物が挟まった?」

戸袋内の雨戸を少し持ち上げ、
「水出して!」
戸車下を洗い流すと
「なおったみたい!」

雨戸を閉めるだけで、一時間。
こんなに時間がかかるとは参りました。

一体何が挟まっていたのでしょうね。

徐々に潮風もやみはじめ、自宅の雨戸も全て洗い乾燥。
乾燥後、いつもならそのまま閉めるのですが、今日は内側をぞうきんで全て拭ききれいにしました。

10年も経つと、徐々に・・・
ですね。

今年は台風直撃がなく、雨戸を使用することがありませんでした。たまには日光浴しないと行けないのかな~

10年といえば、昨夜は2011年放送のNHK「蝶々さん~最後の武士の娘~」を観ました。「蝶々夫人」という言葉はいつの頃からか耳にしていましたが、中身については知りませんでした。

宮崎あおいさんが主演ということもあり、前編後編続けて視聴しました。

長崎の地を思い出しながらの物語は、あまりにも切なく辛かったですね。個人的にはどんな形であれ幸せになって欲しかったのですが、「お蝶さん」の最後を脚本家・市川森一さんがとても奥深く描かれていたのが印象的でした。

「蝶々さん~最後の武士の娘~」、NHKオンデマンドで視聴できます。
前編は、こちら。後編は、こちらです。

いつでも視聴できるなんて、便利な時代ですよね。

追伸

9月24日付けで東京都から分教室の設置概要が発表されました。(詳しくは、こちら)

  1. 名称
    東京都立青鳥特別支援学校八丈分教室
  2. 設置場所
    東京都立八丈高等学校内(八丈町大賀郷3020番地)
  3. 開設年度
    令和3年度(全学年が揃うのは令和5年度)
  4. 障害種別
    知的障害
  5. 課程
    高等部
  6. 学科
    普通科
  7. 通学区域
    八丈町全域
  8. 教育課程
    本校に準じて分教室の教育課程を編成

※令和3年度から3年間、分教室においてモデル事業を実施します。
このモデル事業では、以下の点に留意し、教育内容や適切な規模の在り方等を検討し、その効果を検証します。

  1. 東京都立八丈高等学校の生徒との交流・共同学習
  2. 島内の団体・企業等と連携した就職等の進路指導

よかったですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。