飛魚、届きました!

先週24日(金)25日(土)に春飛魚製造見学に来てくれた
Sちゃんご家族から、「飛魚、届きました!」と連絡きました!(^O^)

ご家族は25日(土)の最終便で帰ったのですが
できたての春飛魚を発送した26日(日)は、飛行機全便欠航。
翌27日(月)朝一便も欠航。
八丈島空港は、普段は見られない行列で
カウンター前は大変だったそうです。

臨時便の就航でホッとしたのもつかの間
最終便は落雷のため、なんと八丈島を飛び立ったのは2時間遅れの19時。
羽田空港到着は20時11分でした。

 

そんなお話しを伝えると
「本当は25日、26日で行く予定だった」
そうで~
本当にラッキーでしたね。

実は当店も25日製造予定でしたが、25日の漁はお休み。(>_<)
一日繰り上げたので製造することができました。
当店にとってもラッキーでしたね。

そんなSちゃんから、届いた画像がこちら!
届きました!
Sちゃんの嬉しそうな笑顔に、感激しました!(^O^)

 

今回の製造見学では、私自身とても勉強になりました。
4年前、Y先生から授業を受けた子供達の視点を教えて頂き
自分自身の「気づき」がありました。

それは、私自身の役割と言いましょうか・・・
FBに今回のことを紹介すると、同級生から
「広報、頑張る長田に感謝」
と。
八丈島のことを、くさやのことを、春飛魚のことを
みなさんに伝えることができました。

ですが、
今回はそれだけでなく、
Sちゃんが来てくれて、製造体験をしてくれて
いろいろな質問をしてくれて、そして笑顔を頂き
私自身とっても嬉しかった!(^O^)

 

これまでは、見学に来て頂いた方に「伝える」ことが
筑波大附属小学校のみなさんから学んだ「気づき」と紹介していましたが
今回、それだけでなく私自身の「喜び」を得ることができました。

Sちゃんが、お母さんに「八丈島に行きたい。」
と伝えたのはなぜかな?
その勇気はどこから来たのかな?

ご家族で「八丈島に行こう」と決断できたのはなぜかな?
しかも、予定した日をずらしてまで。

Sちゃんに、Sちゃんのご家族に
いろんな疑問がわいてきます。(笑)

たぶんこれが「問い続ける」ということなのかな。

4年前、Y先生の公開授業がありました。
ちょうど100年目の公開授業研究会(学習公開・初等教育研修会)で
全国から先生方が集まり、約200名の方が聴講したと。

行けば良かった・・・(>_<)

 

これまでは私自身が、Y先生の授業テーマでしたが
行動で示してくれたSちゃん!
私にとってはこれからの人生テーマになってます。

ありがとね!
Sちゃん。
いつかまた会おうね。
勇気あるSちゃんに感謝です。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。