日光東照宮から鬼怒川温泉に。旅行(2)

今日は雨。
朝5時には、ほとんど気にならない小雨でしたが
7時を過ぎると雨音が。
これから台風が通過する明日のお昼頃まで
雨のようですね。

ちなみに今日の船は底土港に到着予定。
飛行機も一便は向かってきているようです。

飛行機と言えば、
今日は羽田空港からの旅行一日目(続編)を紹介しますね。

 

6月4日(月)
羽田空港に到着。
いつもなら乗り換えのため出発ロビーに向かうのですが
「何だか変な気分。」
到着ロビーでは、すでにT君が迎えに来ていました。

あとをついて行くと、エレベーターに乗り駐車場へ。
「(羽田の)駐車場、わけわからない。」(>_<)
「わかりんなっきゃの。」

私には、東京で車を運転すること自体無理なので
すでに異空間でした。(苦笑)

「どこ行きます?まだ決めていませんけど。」
「日光東照宮にいけたら・・・」
「あっ~じゃあ、行きますか。」

こんな感じで今回の旅行もスタートしましたね。
宇都宮のドライブインで昼食をとり
「やっぱり餃子なんだ~」
と話しつつ、一路日光東照宮へ。

今回の車は、こちら。
レンタカー

トヨタ車でしたね。
中は広く、足下余裕。
エンジン音も低く、燃費も最高。
カーナビは、グーグルマップにかないませんでしたが
こちらの話しは後ほど紹介しますね。

 

13時20分くらいに、日光東照宮に到着。
坂道を登りおえ、宝物館前を抜けると
突然、人が増えました。
小学生からお年寄りまで、
&海外の方まで
幅広い観光客層に驚きました。

向かう先には、黒田長政が奉納した石鳥居が見えてきました。
石鳥居

石材は、なんと九州から船と人力で運んだそうです。
当時(1618年)としては大変だったでしょうね。

鳥居を抜けると、左手に五重塔が。
五重塔

こちらは、酒井忠勝が1650年に奉納しましたが
火災に遭い、1818年酒井忠進が再建したそうです。

表門を抜け、上神庫・中神庫・下神庫の総称「三神庫」の前を通ります。
三神庫

上神庫の屋根下を覗くと、狩野探幽下絵の「想像の象」が見えました。
上神庫

更に進むと、あの有名な「見ざる・言わざる・聞かざる」の
神厩舎・三猿が。
神厩舎・三猿

さすがに立ち止まる方、多かったですね。

海外の方も多く、スマホで撮影する方の前を
前屈みで通ると
「たか~身長が高けんて平気だら~」
「たしかに~」(笑)

 

そして、
日本を代表する最も美しい門と言われる国宝「陽明門」が!
陽明門
いつまで見ても見飽きないところから「日暮の門」
とも呼ばれているそうです。

陽明門を抜けると、正面に全体を胡粉で白く塗られた
国宝「唐門」の姿が。
 唐門

圧倒される中、
人の流れは右方向に。(先にまっすぐ行くべきでした・・・その訳はあとで)

結婚式や初宮などのご祈祷が行われる祈祷殿の前を通ると
右方向に

そうです!あの有名な、「眠り猫」です。(笑)
眠り猫

みなさんには怒って見えますか?
うたた寝しているように見えますか?

眠り猫の下をくぐると、これから先は奥宮に通じます。

 

杉に囲まれた廻廊を通り、
廻廊

突き当たりを左折すると、207段の石段を登ります。
急な石段ですが、階段一段一段は一枚岩でできてるそうです。
寒さの厳しい日光の、冬の凍て上がり防止と考えられています。
石段

そして、登りきると
将軍のみが昇殿参拝を許されたという奥社拝殿がありました。
奥社拝殿

奥社拝殿の横を回ると、ようやく奥社宝塔に到着。
奥社宝塔

徳川家康のお墓ですね。
当初は木造だったそうですが、その後石像に。
1683年の地震で破損したため、現在の唐銅製に作り替えられたそうです。

で、今、気がついたんです。
東照宮の最も重要な所と言われる
国宝「御本社」を見ないで降りたことを。

右に曲がらなければ・・・仕方ないですね。(>_<)

 

その後、宿泊先の鬼怒川温泉に向け出発!
久しぶりの車移動でしたが、
思った以上に快適で一日目の移動を終えました。

宿は、パイプオルガンがとても印象的な
パイプオルガン

あさやホテルでした。
あさや

近くには、古い釣り橋「滝見橋」が。
滝見橋

一度に渡れるのは30人までとか。
ホント揺れる橋でした。
吊り橋上から

しばらく歩くと、足湯「鬼怒子の湯」に。
そこに飾られた「鬼怒川温泉のあゆみ」写真には
昭和初期に発展し初め、20年代ころ大きな旅館やホテルが見られた
当時の写真がありました。
昭和初期

現在は、廃止したホテルが多く見られ
ちょっと寂しい感じがしましたね。

 

宿泊した、あさやホテルは
とっても大きくて、温泉も広く、露天風呂も。
特に料理は種類多く、これまで宿泊したホテルとは比較できないほど圧巻でした!
なんと、バイキングの宿大賞にも選ばれた自慢のブッフェだそうです。
自分の料理を撮影すると
バイキング

脂ものばかり。(苦笑)
もちろん、このあと鮎の塩焼きや
ステーキ等々テーブル一杯に。
Tくん持参のデザートは、アイスクリーム、ケーキ等々ご覧の通り!
デザートも
おなか一杯になりました。

実はこの時、世界遺産の旅が続くとは・・・
考えてもいませんでした。(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

画像(JPEG)をコメントに添付できます。