1000kgも間違えるなんて。気がついてよかったです。

春飛魚漁が三日続けてお休みでしたので
今日の製造はお休み。
久しぶりに、自分の仕事ができると思ったのですが・・・
雑用処理に追われ、半分も終わりませんでした。(>_<)
と言うのも今日は年度末。

明日から冷凍ムロアジの保管料がかかるため
朝から冷凍庫を整理し、漁協から700kgを納品しました。

 

食品衛生協会の業務報告書を作成しつつ
「あっ、ドアの車が錆びて動かなかったんだっけ・・・」
と思い出しドアを外してみると、戸車の部分が錆びて膨張。
しかも戸車は破損してボロボロ。(>_<)

今日中に修理してもらわなきゃと建材屋さんに持って行くと。
「錆びてだめどうが~なおりんなかあば新しけめぇーよ考えろが。」
(錆びて動かないんだけど・・・なおらなければ新しいのにかえてもいいよ)
と話していると、

工場の中から話を聞いてた後輩のKくんが突然現れ
「あ~ダメ!ダメ!ダメどうて新らしけめーげせぇ。金持ちどおてぇ大丈夫だら。」(笑)
「やかましきゃ~(うるさい)」(笑)

最近、島言葉を話せる人が嬉しくて
外にでると、会話が楽しいですね。
島言葉は、外から聞くと乱暴ですが
あうんの呼吸と言いますか、温かみがあります。

読みにくいかも知れませんが、
これからも残して行けたらよいな~
と思ってます。

夕方、建具屋さんに取りに行くとご覧の通り。
錆びた戸車は外され、膨張した部分も元通り。
完璧になおってました!
戸車

これでしばらくは大丈夫ですね。

 

大丈夫と言えば、今朝漁協に行くと
「年度末で~在庫管理しんなあばで急がしけだら~」
と言われていたのですが・・・

日が落ち、私自身も冷凍ムロアジの在庫管理表を整理していると
「あれ?数が合わない。」(>_<)
よ~く見直すと、
「あっ、1000kg間違ってる~」

慌てて市場に行き伝票を確認してもらうと
「ばぁ~ホントだ。まちがったぁろじゃ。」(笑)
笑い事で終わってしまいました。(>_<)

いや~
驚きました。
いや、焦りましたが、
在庫管理には影響がないそうでホッとしました。

 

明日から春飛魚の製造。
4月になると、他の各加工場も購入しはじめるので
港がまた一段と賑やかになりますね。

そうそう富士中学校の先生から
「体験学習、お願いできますか?」
との問い合わせが。

子供達が卒業しても声をかけていただき
本当に嬉しいですね。

子供達が喜んでいただけるよう
来年度も頑張りたいと思います!(^O^)

黄金の輝きは、今日のできたて春飛魚燻製でした。

本日の仕事・・・と言いますか
昨日からの仕事がようやく終わりました。

実は一昨日の製造、いつもよりちょっと少なめに春飛魚を購入。
乾燥機に余裕がありましたので、乾燥温度を少し下げてみました。

干してから数時間後、網に魚がくっつくので浮かすタイミングは
ほぼ変わらずでしたが、更に数時間後・・・
皮側を乾かすためにひっくり返すと
あれ?
身がふっくらしてる。

そうなんです。
できあがりがよく、とても美味しそう。(^O^)

乾燥するときに、温度が高すぎと蒸れてしまいます。
逆に低すぎると時間がかかりすぎて、魚が傷んでしまいます。

魚の量や、肥満度、気象状況により、環境は異なりますので
同じ時間に同じように干し上がるとは限りません。

毎回記録をとりながら、ほどよいタイミングを見計らい
干し上げていきます。

で、昨日干した飛魚ができあがったのは
今日の午前2時。
さすがに疲れました。(>_<)

 

シャワーを浴びて、1時間だけビデオ鑑賞。
気分を一新し、朝日と共に起床。

燻製の製造準備を始めました。
で、できあがった燻製がこちら。
できたて!

できたては黄金の輝きですね。
ちなみにご注文は、こちら

実は、燻製をお待ちのお客様が多く
今日は一斉にできたてを発送しました。

荷造りを終え、ようやく終わったのが14時30分過ぎ。
やっと終わった!
とコーヒーを入れた途端、携帯が・・・(>_<)

お客様の来店。
打ち合わせが終わり、さてと思ったところで
「たかひろ~」
と電話が・・・

「おまえの店はカード使えろか!」
「使えるよ~」
「マスター」
「たぶん。」(苦笑)

念のため確認しましたが大丈夫でした。

カード決済機、まだ1度しか使ったことなく・・・
明日、ご来店前に説明書読まなきゃ。(笑)

 

さて、今日はこれから末吉までお通夜。
少し早めに閉店して、末吉まで家族で行ってきます!

明日は月末。漁協からムロアジを運ばなきゃ。
夕方には飛魚船が出漁予定ですので
4月1日は、春飛魚の製造予定です。

予定の三分の一製造終わりましたので
残りは三分の二。
4月も頑張らないとですね。

今頃になって
ようやく睡魔から解放されました。(苦笑)

両親が大学に行かせた理由は~軍艦マーチかも

今日は午前2時半起床。
乾燥機の中を覗くと、「できあがってる~」
できたてです!
すでに干し上がってました。(苦笑)

選び終えたところで、
父とくさやの液から昨日つけた春飛魚を上げます。

終わった頃には朝日が昇り
出るのはため息ばかり・・・
さすがに二日続けてはキツいな~

真空包装&干し作業
と午前中の作業は続き

さすがに母も「腰が痛い。」
と。

今夜の干し上がりは、明朝燻製にする予定。
できあがりまでもう少しの辛抱です。

 

辛抱と言えば
地域創生について少し。

先日の地方紙に、八丈島の地域創生について
それぞれの意見が書かれていました。
他の事業を真似してもダメ。
新たなことをしていかなければ・・・

そんなことが書かれていた記憶があります。

私は、真似もありかな?
と思っています。
もちろん、そのまんまではダメですが。(苦笑)

上手くいっていることを八丈島風にアレンジし
そこに独自性を表現していけば良いと考えています。

ゼロから独自を表現するなんて・・・
できれば最高ですが、とても難しいですね。

八丈島には独自な物がたくさんあります。
問題はそれをどう表現するか?
そこに力点を置くべきではないかな~
と思います。

当たり前のことを書きすぎですね。(>_<)
例えば、「100年前に使われていた道を歩く。」
なんて楽しくないですか?

こんな道を、
牛を引っ張ってどうやってこの峠を越えたんだろうね?

ロマンを感じるのは私だけでしょうか?

その道には、軍隊が作った防空壕が残され
歴史が刻まれています。

月日は流れ、今は獣道となっていますが
それは島の財産なのではないでしょうか。

そんなことを学ぶ島の「歴史セミナー」に
島の未来を司る方達が出席しないのは
とても寂しく感じます。

 

良く友達が言います。
「島のトコブシはうんまきゃの。(美味しい)」
「内地のトコブシと違うっていじゃ。」
そうなんです。
八丈のトコブシは、フクトコブシと言って
厳密には種類が違うんですね。

東京都島しょ農林水産総合センターによると
「八丈島では、1980年代まで年間20tから40tの漁獲量があった。
しかし、1989年に40tを漁獲した後は、1993年の1.5tまで減少した。
その後いったん回復し、2tから6tで推移していたが、2003年には300kgにまで減少した。」
と紹介されています。

これも島の財産ですね。
私の子供の頃からの夢は、
この「フクトコブシを誰でも採れる海にしたい。」と言うことでした。

そのために北海道まで行き、アワビの増養殖を学びました。
沿岸を整備し、良い種苗を作る。

今、栽培事業は国が手を引き地方に任されています。
これってチャンスですよね。

そんなところに、地域創生のヒントが隠されているんじゃないのかな~
と思います。

まずはできるところからはじめる。
それが基本のような気がします。

 

もちろん、今獲れている島の名物ありますよね。(^O^)
八丈島の魚「ハルトビウオ」
島の春を告げる魚です。

小学校の頃、学校に行く前に港に行き
父が漁獲した春飛魚の船を待ちました。
大漁の時は軍艦マーチが流れましたね。

パンパンパッパラパッパ♪
パパパパパン♪

堂々と胸を張り、船が着くのを待ちました。
水揚げされた春飛魚をホースで水洗いしてもらい
木箱に詰めていきます。

仕事を終えてから小学校に。
大変でしたね。
漁師より事務職がいいと思いました。(笑)

父の船が、水揚げランキングで
2位の表彰を受けたときは嬉しかったな~

毎年、上位に入りながら
飛魚が獲れなくなると、すぐに切り上げて
漁をやめてしまうので・・・

結果より効率を考える父らしいと思うのは
それから何十年も先になるのですが。(苦笑)

獲れすぎて、築地からストップがかかるほど
漁に恵まれているのに、なぜこの春飛魚を使って
何かをしようというアイデアはないのかな???

 

フクトコブシは資源がないからダメで
春飛魚は資源があっても採用されない。

それで新しい物を、他にはない物を。
何か勘違いしていませんか?
八丈島には、他より自慢できる物が
たくさんあるのに。

こんなことを製造しながら話していると
両親から
「それっておまえが考えることなんじゃない。」(笑)

そのために大学に行かせたんだから・・・
って、昔ならよく言われたな~(苦笑)

さて、明日もできたて春飛魚くさやが干し上がります。
3月最後のできあがりです。
4月に入ると産卵活動が始まりますので
脂ののった春飛魚は、早い者勝ちですよ!

特大サイズ!の春飛魚くさやのご注文はこちらです。
本当に大きいです。(笑)

春飛魚の雄と雌の見分け方をご存じですか?答えは・・・

今日は午前4時から18時半過ぎまで
びっちり春飛魚の製造です。(>_<)
明日は午前2時起きかな・・・
ちょっと汗汗で、ブログ更新しています。

朝一番の作業は、くさや液から飛魚を上げ
一尾一尾洗いました。
特にお腹周りや、顔付近はきれいに洗います。
そして真水につけ、塩抜きを。
塩抜き中

ほどよい塩分と香りを残します。
で、
ここまで作業したところで港に直行。
小雨がポツポツ落ち始めたところでした。

港に行くと、すでに当店の予約分を数えているところでした。
20分ほどお手伝いをし入荷!

本日の春飛魚はご覧の通り鮮度抜群!
氷の上を泳いでます!(笑)
鮮度ピチピチ

すぐに鱗を取り、干し作業の間
水氷に付けておきました。
水氷に

なんとお腹パンパンのメスが!
卵があふれ出んばかりでした。
良~く見て下さい。穴が二つあるのわかりますか?
卵が・・・

ちょっとわかりにくい雌でしたね。
雄は一つしか無いので、雌雄を判断する材料となります。
次回わかりやすい魚体を撮影して掲載しますね。

水氷から1時間後、本日分の製造再開!
次々にくさや液に入れていきました。
くさや液に

いい感じでくさや液に浸されていましたので
写真撮っちゃいました。

って、
簡単に今日の説明を書きましたが
実は今日に限りお客様も多く疲れました。(>_<)

携帯電話を見ると、
うちゃ!
3件も・・・

夕方、一軒一軒連絡すると
みなさん第一声は
「ごめんなさい!飛魚の製造で忙しかったんでしょ!!」
「こちらこそすみません。飛魚船が今日からお休みに入るので・・・」

漁は三日間はお休み予定ですので
この間に飛魚の燻製を作る予定。
さすがにこの時期は、作業予定の黒板は
製造予定でびっしりです。

おっと19時過ぎちゃいました。
7時間後には、加工場に逆戻り。
この辺で失礼しますね。

明日はできたての春飛魚くさやができあがります!
ご注文はこちらです。

産卵前ですので、身が厚く脂がのってます。
3月にしか味わえない、旬の味ですのでぜひご賞味下さいね。

ご注文は、こちら

おっと、
今日は春飛魚の白子も急速冷凍しました。
こちらもご一緒にどうぞ!
白子のご注文はこちら
レシピ付きです!

あっ、そういえば
あまりにケイの上履きが汚くて
ごしごし洗いましたら、ご覧の通り・・・
上履き

穴開いちゃいました。(苦笑)
ただでさえ忙しいのに、余計なことをしちゃいましたね。

30分早くはじめると、何分早く終わるでしょう~

今日から春飛魚の製造を再開しましたよ~
朝6時から製造準備を開始。
7時に港へ行くと、すでに水揚げ、選別が始まってました。

昨夜、漁協から
「明日は、R丸から頼もわ~」
と言われていましたので~

「おはようございます!」
と、挨拶に行くと
「おまえはあにしてろ~(何をしてる!)」
何のことかと思いきや
「水温が下がって獲れんなかろうじゃ。(獲れなかった)」
「えっ~」(>_<)

冗談かと思っていましたら、
「3000ぐらいしか獲れんなかろうて、ねっこけめ(小さいの)も混じるかもしれんなきゃ。」
「大丈夫だよ~今の飛魚は肉厚だから。」

「今晩もでるんでしょ。」
「おい。」
「明日は?」
「明日は休みの予定どうが、獲れんなかあば出んなあばだろう・・・」

明日から三日間休みの予定ですが
どうなるのでしょうね。

で、他の加工場が購入しないので
今日は7時半前には加工場に到着!
鮮度抜群です。

すぐに鱗取りの作業が始まりました。
鱗取り

通常より30分早く作業を始めると、
お客様の少ないうちに作業を進められるので
1時間早く終わるんですよね。

父に
「今日の飛魚は鮮度いいね。」
と聞くと
「あたりまえどうじゃ。かかれば(たくさん網にかかれば)外すのに時間がかかろんてデッキで弱ろどうじゃ。」

なるほど。
漁が少なかったので、鮮度が良かったのですね。

どうりでいつも以上にお腹が真っ白なはずだ!
って、
頭隠して・・・
ですね。(苦笑)
頭隠して・・・(苦笑)

こちらは、くさや液から顔だけ出して。(笑)
くさや液から顔を出す春飛魚

お昼のお弁当を頼んでおいたのですが
「すみません。お弁当頼みました・・・?」
「はい!」

なんと、忘れられていたようで確認電話から15分で到着しました。(^O^)
ホカホカのお弁当で良かったです。

夕方、市場に。
ちょうど、飛魚船が出漁するところでしたね。
「明日はどうなった?」
「三日間休みの予定だけど、明日も獲れんねいと(獲れないと)・・・」
「漁しだいだあの。」

とりあえず、明日の分を予約し帰宅しました。
明朝はくさや液から上げ、干したあとに製造ですね。
早めに起きてやらなきゃ!
明日は一日、春飛魚の製造です!(^O^)

明日と言えば、朝ドラ「あさが来た」が
いよいよ最終週ですね。
懐かしい方達が次々と出演しそうでとても楽しみです。

マッサン、まれ、そしてあさ。
普段は見ない朝ドラを3回続けて見てしまいました。
次回は見るのを休む予定。

と言うのも、見始めると時間に束縛されてしまい
振り回されてしまう。(>_<)

少しマイペースに戻して、
仕事に打ち込もうと思います。

4月5月は特に忙しいので~
今週も忙しいのですが・・・最終回までは見なきゃ。(笑)

二泊三日の帰省は夢のよう?そして二十歳と80歳の関係は

一昨日の一便で帰省したミクでしたが、
「いってきま~す。」と最終便に。

昨日午前中の予報では、
今日の15時は「強雨」
今朝は「晴れ」
そして今は「弱雨」
なんとも忙しい予報でしたが、青空の下
北の空に消えていきました。(>_<)

わずか二日前、着陸できずにタッチアンドゴーで
北の空に消えていったのが、夢のよう。
あっという間の時間でしたね。
今日の午後、ミクは
先月黄八丈を着て各報道機関を宣伝に回ったフリージアまつり会場に行き
たくさんの写真を撮ってきてくれました。
その一部を紹介しますね。

まだ咲きそろってはいませんが~
フリージア

フリージア畑

やはりフリージアと言えば黄色が鮮やかですよね。
フリージア

観光の方は摘み取りもできます。
フリージアまつり会場

オオシマサクラも咲き始めましたね。
オオシマサクラと八丈富士

フリージアまつり会場では遠慮して?もらってこなかったようですが
空港でチケットを購入したら、フリージアをもらったそうです!(^O^)
空港にて

18時15分には羽田空港です。

さて、いよいよ春飛魚の製造が旬を迎えます。
お店前を、春飛魚漁船に乗る若い衆が通過。
「今日、明日ってでるんだって。」
「うん!」
「とれろか~」
「とれるよ~」(^O^)

これから夜通し、流し刺し網をかけては
あげる作業を繰り返します。

網をあげながら、一尾一尾網から外す作業は
簡単なようで実は大変。

魚に傷がつかないようゆっくりしていると
豊漁のこの時期は、海の中で飛魚が次々と網にかかってしまい
弱ってしまいます。

かといって乱暴に網から外すと、鰭が折れたり
エゲラがとれたりして二流品となります。

網にかかった飛魚の量を見て、引き上げを判断する船頭。
網をあげる若い衆。
それぞれの息が合わないとできない作業ですね。

明日の朝は、どんな顔してるかな~
笑顔を見るのが楽しみです。

笑顔と言えば、実は昨日の夕方
電話の問い合わせ対応をしているとお客様が。

「すみません・・・今電話中で。」
「あっ、何時までやってますか?その間に保育園に迎えに行ってきます。」
「大丈夫ですよ。待ってます。」
「はい。」

しばらくして、ご来店頂き
「試験場・・・」
「いえ、E科の先生をしています。」
「えっ!!」
東京都の作業服を着ているのでてっきり水試の方かと思ってました。(>_<)

「明日の一便でいくの!」
子供達の笑顔を見て、ミクもケイもついこの間まで
こんな小さかったのに・・・

ミクは今年二十歳になり
母は来年の成人式で80歳。
二人揃って100歳。

私も歳をとるはずですね。(笑)

今日の一便は快晴の中就航。
家族揃って上京したのかな~

えっ、校長先生も・・・寂しくなりますね。

明朝から春飛魚の製造予定でしたが
朝一番、
「今日は(春飛魚漁)でるのかな~」
「休み!」
の即答で大ショック。(>_<)

なんと、今日も春飛魚漁はお休みでした。
早速市場に行き、
「いつ頃でる?」と課長に聞くと
「明日、明後日でて、三日ぐらい休むかも。」
「えっ!!」

今月、あと二回は製造したいのですが・・・
製造日を検討し直しですね。

昨日の一便でミクが帰省。
「保険証無くしたから、役場に免許証と三文判もっていって。」
とミクママに言われ、町役場に。

「すみません。」
「はい。あら!」
「お~娘が保険証なくしちゃって。」
「あっ、5番に行って下さい。」

次々と窓口を流れるようにアドバイス頂き
5番の窓口へ。

「保険証・・・」
「あっ、はい!こちらに無くした方のお名前と、こちらに世帯主さんの・・・」

こちらも、あっという間に担当の方がカウンターに。
名前を書き終わると、
次の方が 「ここに紛失と書いて下さい。」
「ふんしつ・・・ひらがなでいい?」(>_<)
「糸へんに分です。」
「あっ~はい。」

書き終わると、
「はい。」
「えっ、もうできたの?お手数を掛けし申し訳ありませんでした。」
ここまで住民課職員、5名の連携が。
時間にして、2,3分?
あっという間に終わっちゃいました。

すごい連携と言いますか・・・
ありがたかったです。(^O^)

今日は終業式でしたね。
先ほどケイが帰宅。
「先生、誰が異動するの?」
「多すぎてわからない。」(>_<)

「校長先生は?」
「いく。」
「やっぱりそうなんだ・・・」

残念ですね。
一年間、PTA役員としてお世話になり、
食品衛生協会理事として相談にも行きましたね。

「あとは・・・」
「えっ、テニスの先生も?」

昨日、今日とお世話になった方の異動が続き
寂しい限りです。

そんな中、
お客様から
「くさや、届きました!!ありがとうございました。」
と連絡が。

ANAのシステムエラー障害で心配しましたが
無事お届け完了しホッとしました。

明日は小雨予報で、風も1m。
発送は大丈夫そうです。

更に別のお客様からは
「今年は子供たちと八丈に8月下旬に行く予定です。長田さんの店に行きたいと思います。」
と嬉しいメールが。

八丈にお越しの際は、ぜひぜひ遊びに来て下さいね。

ちなみに、今日は北海道でお世話になった所長からも連絡が。
「八丈に訪ねに詣りたいなあ~と勝手に考えております。 青ヶ島の焼酎にも興味あり!」
と。
楽しみですね。

くさや液とは。想いを込めて書いてみました。

今日は4時半に起床。
まだ暗闇でしたね。

早起きの理由は、
昨日、水につけておいた網の洗浄です。
6時過ぎにはこんなにきれいになりました。
洗浄しました~

これで安心して春飛魚製造に励めますね。
ちなみに、今日の春飛魚漁はお休み。
明日の夕方出漁しましたら、製造再開です。

ちなみに先ほどお電話頂いたお客様
「今年のトビはまだですよね。」
「いえ、2度ほど製造しました。」
「あら、お父さん!製造したって。どうします?!」

実は1月にも購入して頂いたばかり。
ありがたいですね。
お届け日指定ですので、明日発送しますね。

 

お届け日と言えば、本日の飛行機。
本日発送分の荷造りを終え、お店前で外を見ていると
「あんど~(何をしている?)」
と、部落長が。
「飛行機来るかな~と思って。」
「今日は平気だろ~。」
「さっきタッチアンドゴーで飛んでっとうだら~」
「まさか。」
「娘が乗ったろだら~」
「そりゃ心配だ。」

ゴォ~と甲高い音がしたので
外に出てみると
北の空に向かって飛んでいく飛行機が。
あっという間に雲の中に消えていきましたね。

「あっ~着陸するはずが飛んでっちゃった・・・」(>_<)

それから約20分後。
小雨ですが、外は静か。
「そろそろ着くはずなんだけど・・・」
ネットで確認すると
「あれ、もう着いてる!」

初めの着陸失敗は、風が強かったようで。
二度目は到着できて良かったですね。
相変わらず雨は降り続き、北東の風が強くなってきましたが

二便も視界不良の中、6分遅れで到着。
朝一番の発送商品も無事東京に向かいホッとしました。

実は、できれば明日の午前中に届くようにとのご注文が。
発送翌日のご指定日は受けられないので約束できないのですが
最短ですと地域によっては間に合う所も。

とりあえず雨の日は島を脱出することが第一関門ですので
あとは陸上輸送の状況次第ですね。

 

人事異動の季節になりましたね。
「あと一年残りたかったのですが・・・」
「えっ!!寂しくなる~」
「電話変わりますので・・・」
「えっ!!」
もしかしてと思った瞬間、 やっぱり。(>_<)

なんと担当三人の所、二人も異動。
しかもお二人ともとても仲良かった方でしたので
とてもショックでした。

まさか二人揃ってとは。
なんだかな~
担当理事を辞めたくなってしまいました。

新年度の5月総代会、ちょっと心配ですね。

 

さて、今日はちょっとご紹介。
くさや液とは」のページを検索して来られる方が多いようです。
くさやの歴史、成分、発酵そして旨味について書き記しましたので
ぜひ一度ご参考下さいね。
こちらです。← クリックしてね。カチッ!

春飛魚の製造が本格化する前にやる事はこれですね!

今日は朝からできたて青ムロくさやの干し上がり作業に追われました。
いつもより100kg多く製造しましたので、乾く時間も深夜から早朝にと
いつもより遅かったですね。

1kgずつ計り包装を終えたのは、なんと11時を過ぎていました。(>_<)
包装終了

明朝は7時50分までに加工組合に配達。
さすがに明日のクロネコヤマトさんと郵便局は忙しくなりそうです。

 

製造が一段落し、これからは5月のGW開けまで春飛魚くさやの製造が
中心となります。
当店の春飛魚はお腹の白さが特徴なので、干す網も綺麗にしないと~
早速、水タンクにつけ汚れを浮かします。
網洗い

夕方にはご覧の通り。汚れが浮いてきました。
汚れが取れてきました。

明日24日、明後日25日と網洗浄作業を行い、明明後日26日から
いよいよ春飛魚の製造が本格化します。

今年は昨年より25%増しで製造予定。
時化模様、漁模様、他の加工場との注文兼ね合いで製造量が異なりますので
豊漁が続くことを祈るばかりです。

これからは一ヶ月は、春飛魚のできたてを発送しますので
東京都知事賞受賞の逸品!
ぜひお楽しみ下さいね。

ご注文は、こちらです。

 

今日は八高の進級会議。
「ただいま~」
と帰宅したケイに
「進級できた?」
「えっ?あっ。うん。いや、学校から電話が来てなければ大丈夫!」(苦笑)
「きたきた!さっき学校から来てたよ~」(笑)

今のところ、連絡は無いようですので大丈夫ですね。

製造が一段落したところで、昨日から父が畑で働き始め・・・
自宅に帰るとびっくり。

風よけのモチノキはばっさり切られ
見晴らしがめちゃくちゃ良くなりました。(苦笑)
モチノキ

そう言えば、以前は玄関から灯台が見えてたな~
と思い出しました。
灯台!

きれいに咲き始めたブーゲンビリアは、見る影も無く
切り刻まれ、幹のみ・・・
これって、花咲くまで大きくなるのかな???
ブーゲンビリア

ここまで切らなくても良いのですが・・・
やられました。(笑)

母はそんなことを察知してか、自家製のビワの実を早めに収穫。
こんなにたくさん収穫できました。
こんなに採れました。

そういえば~
昨日、ANAのシステムエラーで欠航でした飛行機。
今朝4時30分に復旧したようです。
22,23日の航空券は手数料を頂かずに払い戻ししますのでご注意下さいね。

それにしても400便?も欠航するなんて
システムエラーって怖いですね。

ちなみに当店も昨年5月にサーバーエラーで一週間ほど
ホームページの更新がスムーズにできませんでした。
それをきっかけにサーバー変更をしたのですが
旧サーバーは今年9月にサービス終了が決定。

早めにサーバー変更の決断をして良かったです。
姉妹(旧)サイトも、こちらに移行済みですので
どうかよろしくお願いしますね。

そうそう
第69回八丈高校入学式が4月8日に。
来賓案内に出欠を悩んでいましたが、会長より
「できれば出席を・・・」
取り急ぎ「出欠」でFAXしました。

ふと思ったのですが、今年の卒業式は66回でしたので
入学式の回数と卒業式の回数は異なるのですね。

今日まで気づきませんでした。

飛行機欠航の理由は、ANAのシステム障害でした。

今朝一番のお客様来店は、午前6時15分。
早かったですね。(^O^)

今日は販売用冷凍庫の霜取りを行う予定でしたので
朝6時前にはお店に。
霜取り作業中でしたので、ちょうど良かったです。

商品発送が多く早めに荷造りを終え、クロネコヤマトに届けたのですが
「システム障害で2便は欠航。これ以上は受け取れません。」
とのこと。

てっきり最終便には乗ると思っていたのですが
午後から
「3便も欠航だってよ。」
「えっ!テレビで復旧したって・・・」
ANAサイトを確認すると
「国内線システム障害のため。お客様にはご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。」
と欠航の文字。(>_<)

そんなにひどい障害だったの???
サイバー攻撃でも受けたのかな?

ANAの運航見通しには、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■システム不具合による国内線への影響について 本日8:20ごろ、弊社の国内線システムに不具合が発生いたしました。一部のシステムは復旧しましたが、現在も多数の便に欠航や遅延など運航への影響が発生しています。 現在出発予定の便につきましても、今後遅延や欠航が発生する可能性がございます。
・「発着案内」へは「遅延」や「搭乗口変更」の情報は反映されません。
・「国内線 運航案内メールサービス」は一部を除き配信されません。
・「予約・販売・搭乗手続き」に関する国内線システム不具合のため、運航の安全性については問題ございません。
ご利用のお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
■予約関連サービスについて システム不具合により、日本国内の以下機能がANA予約センター / ANA Webサイトで、ご利用いただけない状態です。
・日本国内線区間(国内線特典航空券も含む)の空席照会、新規予約、予約変更、決済、解約 など
・日本国内線の事前座席指定 ・本日搭乗便の欠航・遅延、ご搭乗前日のお知らせなどのメール案内機能
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何もできない状態だったのですね。(>_<)
これじゃあ無理だ。
明日は順調に就航できると良いですね。

明日と言えば、青ムロくさやのできたて発送日。
天気予報は、西の風やや強くくもりですが、
ぜひ、
できたての味をお届けしたいです。
ご注文は、こちらです。

 

そうそう、昨日は応援した小豆島高校が1点差負け。
一昨日は常総学園が、そして今日は関東一高が。(>_<)
三日続けて応援した高校が負けてしまいました。
そして、現在札幌第一も厳しい。
明後日の長田高校は頑張って欲しいのですが・・・

球児一人一人がそれぞれの想いでがんばっている姿を見ると
勝ったチームも負けたチームも、応援したくなりますね。

常総学園に勝利した鹿児島実業の先発丸山投手は、
20歳違いの長姉が育ててくれたそうで
「高校進学のお金は心配しなくていいよ。」と後押ししたそうです。
すごいな~

小豆島の17名より部員数少ない八丈高校ですが
甲子園に出場したら、八丈島は空っぽになっちゃうでしょうね。(苦笑)
ちなみにサッカー部は私たちの時に都大会ベスト16。
後輩達は、都大会ベスト8の経歴があります。
夢ではなく、目標として頑張って欲しいですね。