二泊三日の帰省は夢のよう?そして二十歳と80歳の関係は

一昨日の一便で帰省したミクでしたが、
「いってきま~す。」と最終便に。

昨日午前中の予報では、
今日の15時は「強雨」
今朝は「晴れ」
そして今は「弱雨」
なんとも忙しい予報でしたが、青空の下
北の空に消えていきました。(>_<)

わずか二日前、着陸できずにタッチアンドゴーで
北の空に消えていったのが、夢のよう。
あっという間の時間でしたね。
今日の午後、ミクは
先月黄八丈を着て各報道機関を宣伝に回ったフリージアまつり会場に行き
たくさんの写真を撮ってきてくれました。
その一部を紹介しますね。

まだ咲きそろってはいませんが~
フリージア

フリージア畑

やはりフリージアと言えば黄色が鮮やかですよね。
フリージア

観光の方は摘み取りもできます。
フリージアまつり会場

オオシマサクラも咲き始めましたね。
オオシマサクラと八丈富士

フリージアまつり会場では遠慮して?もらってこなかったようですが
空港でチケットを購入したら、フリージアをもらったそうです!(^O^)
空港にて

18時15分には羽田空港です。

さて、いよいよ春飛魚の製造が旬を迎えます。
お店前を、春飛魚漁船に乗る若い衆が通過。
「今日、明日ってでるんだって。」
「うん!」
「とれろか~」
「とれるよ~」(^O^)

これから夜通し、流し刺し網をかけては
あげる作業を繰り返します。

網をあげながら、一尾一尾網から外す作業は
簡単なようで実は大変。

魚に傷がつかないようゆっくりしていると
豊漁のこの時期は、海の中で飛魚が次々と網にかかってしまい
弱ってしまいます。

かといって乱暴に網から外すと、鰭が折れたり
エゲラがとれたりして二流品となります。

網にかかった飛魚の量を見て、引き上げを判断する船頭。
網をあげる若い衆。
それぞれの息が合わないとできない作業ですね。

明日の朝は、どんな顔してるかな~
笑顔を見るのが楽しみです。

笑顔と言えば、実は昨日の夕方
電話の問い合わせ対応をしているとお客様が。

「すみません・・・今電話中で。」
「あっ、何時までやってますか?その間に保育園に迎えに行ってきます。」
「大丈夫ですよ。待ってます。」
「はい。」

しばらくして、ご来店頂き
「試験場・・・」
「いえ、E科の先生をしています。」
「えっ!!」
東京都の作業服を着ているのでてっきり水試の方かと思ってました。(>_<)

「明日の一便でいくの!」
子供達の笑顔を見て、ミクもケイもついこの間まで
こんな小さかったのに・・・

ミクは今年二十歳になり
母は来年の成人式で80歳。
二人揃って100歳。

私も歳をとるはずですね。(笑)

今日の一便は快晴の中就航。
家族揃って上京したのかな~