今日は八丈太鼓六人会結成35周年記念講演でした。

今日は午前中、慌てて焼きくさやの製造!
と言うのも、
「八丈太鼓六人会結成35周年記念講演」が13時半から開演。
八丈太鼓六人会結成35周年記念講演

なんとか間に合わせようと、頑張るのですが
「すみません。くさやくださ~い。」

「今日はお休みですか?」

「お店前にいるんですけど~」

気がつけば今日は連休中日。
観光客の方も多いのですね。(>_<)

さっとシャワーを浴び、今日製造した焼きくさやを手土産に会場へ。

受付に行くと
「聞いてました~」
「あっ、すみません。」
とくさやを渡し、
「それからこれ差し入れ。」
「ありがとうございます。」(^O^)

「そんな気を遣わなくてもいいのに~」(苦笑)
と、からかわれながら会場入りしました。(笑)

 

15分くらい前でしたでしょうか?
すでに6割くらい座っていましたね。

定刻を過ぎる頃には、多くの方が。
年齢層は幅広く、島民にとって八丈太鼓の位置づけが
感じ取れました。

はじまりは六人会のメンバーから。
若い女性の上拍子からはじまるなんて、
なんて粋な計らい!

続いて、愛知県の尾張新次郎太鼓さん。
笛の音と太鼓の響きが印象的でした。

福島県のうねめ太鼓小若組さんは、
なんと2014年第16回日本太鼓ジュニアコンクールで優勝。
高校1,2年生が、見事な空間を醸し出し叩きました。

そして、秋田県 蘭導さん。
力強いたたきは、全身全霊から感じることができましたね。

最後は、再び六人会。
「太鼓叩いて 人様よせて わしも逢いたい 方があるよ」
「三根倉の坂 坂真ん中で 出船ながめて 袖しぼるよ」

東京都無形民俗文化財に指定されている「太鼓節」です。
八丈太鼓に合わせて唄います。

太鼓と唄の響きが、懐かしい子供の頃の風景を蘇させます。
あの頃は、焼酎があって、くさやがあって、大人達も子供達も
わいわいがやがや賑やかでしたね。

そうだよね~
これが島の伝統文化なんだよね。
そう気づかされました。

 

ちょっと古いですが、2013年の東京愛らんどで六人会が
叩いてる様子がありました。こちら

やっぱりすごいですね。

すごいと言えば、ようやく焼きくさやの製造
目標数が見えてきました!
明日、明後日の二日間で終了予定。

もしかしたら明日一日で終わるかも・・・

終了次第、燻製製造を一回行い、その後は大掃除。
今年は短いですが、一週間くらいは8月に備えて
準備期間が設けられそうです。

明朝の船でケイが帰宅。
また一回り成長してくるのかな~