雷雨で三原山が浸食されています。その原因は・・・

朝一番、青空が見えていたのですが・・・
まもなく真っ暗になり、ザー

お店前が賑やかになり、ふと玄関を見ると
雨宿りの漁師さんが・・・

「中入って!!」
「いや、今電話で迎え呼んでるから~」
「大丈夫だよ。中入って。」

朝7時前でしたね・・・(苦笑)
今日は、そんなスタートでした。

 

それからお昼前まで雷雨に。
10時54分起時 降水量は57.5mm/時間でした。

しばらくして電話があり水海山に行くとご覧の通り。
水海山一般廃棄物最終処分場入り口の都道は、砂利で覆われていました。
都道

早速、砂利が流れた沢水の上流にあるアシタバ畑山道を登ることに。
アシタバ畑入り口

山道は、雨水が勢いよく流れたため
でこぼこが激しく、また横を流れる沢水側に浸食されている場所もありました。
アシタバ畑山道の浸食

アシタバ畑に到着すると、わかりにくいのですが
(画像正面奥に)沢水が溜まっている場所がありました。
アシタバ畑横

このため池から、下流に沢水が流れていました。
沢水上流

たぶんですが、この場所が詰まってしまい
沢水が山道側に流れたのではないかと推測されました。

その結果山道から都道に砂利が流れたのでは?
(あくまで推測ですが)
アシタバ畑より

砂利と言っても、石の大きさはこれ位。
石

 

一方、山道のすぐ隣にある
沢水と処分場から排水される水が合流する場所はご覧の通りでした。
1時間前は、倍以上の水が処分場から排水されていたと聞きました。
処分場排水口

合流した水は、都道下の排水溝を通り海側に流れます。
都道下の沢水

ちなみに今年の3月はこんな感じでした。
コンクリートのU字溝先には、「水たまり」ができ「石」が見られました。
3月29日

更に遡ること2008年12月。
処分場建設「前」は、コンクリートのU字溝先に「水たまり」はなく、
沢水は「粘土層の地面」にそのまま浸透していました。
2008年12月

 

現在コンクリートのU字溝先は、
浸食され「陥没」し沢水が勢いよく流れています。
浸食された下流

更に沢水は山を浸食し、木々を流し
下流へと流れていきます。
都道脇の沢水

処分場が建設されたため、水脈が代わり
山が変わったのですね・・・(>_<)

 
処分場を建設する前、当時の町長、町議会議長は
末吉の旧水海山集落周辺について、
「以前、三原山頂の開発を行った際に、水脈が変わり木が立ち枯れるなどの経験をしている。
できれば手を付けない方がいいのではないか」と指摘しました。

今一度立ち止まって、
考えることも必要かもしれませんね。

処分場入り口のスダジィも元気なく・・・
スダジィ

枝からは涙のように水滴がこぼれていました。
スダジイの水滴

画像では伝えにくいので
動画でアップしてみました。
こちら。← クリックしてね。カチッ!

水の流れが良く理解できると思います。
ぜひご覧くださいね。(^O^)