今日は八高生版議会を傍聴しました。(笑)

行ってきました!
八高生版議会。

たまたま駐車場でご一緒だった方が
おじゃれホールに向かい、そのあとをついて行くと・・・

ホールの前で、質問書とザトウクジラ講演会の資料が
手渡されました。

「2階に!」
と薦められ、二階に行くと
町議のみなさんがずらり。(苦笑)

「息子さんが質問するの?」
「いえいえ、(PTA)会長なので・・・」
「あっ~」

そんな挨拶を一通り終え、下を見ると
「あっ、挨拶に行ってきますね。」(>_<)

学校関係者に挨拶をし、
「ここ空いてますよ。」
「ありがとう。」
そのまま一階席に座ることに。
幕が開き、左半分には町の役職員が。
議長を挟み、右半分には八高生が!

「うん?」
目と目が合った先には
なんとケイが生徒の議員席に座ってる。(笑)

「質問しないの?」
と聞いたときには、「しない!」
と即答。

「質問しないけど壇上にはのぼるよ~」
と教えてくれればいいのに~

そこはシャイな高校生でした。(>_<)

保育園の待機問題や、八丈のプロモーションビデオ作成
高齢者の免許証返納等の交通安全や、バスの運行時間。
最後は、町長をも問い詰めた陸上競技場の建設等
それぞれに思いがこもった良い質問でした。

町の回答には、疑問も多々あり
更に質問をぶつけてもらえると更に良かったのにな~

例えば、17時の鐘について。
八高生のアンケートでは、現在の八丈町歌を望む人は25%。
残り75%は、以前の夕焼け小焼けだったそうです。

町の回答は、八丈町歌には伝統文化の想いをはじめたくさんの方が関わり
いろいろなバージョンを設け、多くの方に聞いて頂けるように努力している。
とのこと。

それでは、25%の浸透率をどう思うのか?
町民にもアンケートを求めたらどうか?

質問できたらおもしろかったですね。(>_<)

生徒達が少し可哀想だったのは
役所の職員は、質問を知って回答していること。

それなら、生徒達にも回答を教えて頂き
更なる質問を用意できたら、生徒達の想いが町に反映できたのではないかな~
と思いました。

上手に言えませんが、例えば
八丈島のプロモーションビデオを八高生に作ってもらおう!
なんてことを町長から言って頂けると嬉しかったのにな~
と。

もちろん、それでは議会として成り立ちませんね。
ではどうしましょう?

やはりそこは、質問内容の先に、どうして欲しいか?
と言うことを明確にすることですね。

陸上競技場を作って欲しい。
陸上が好きな町長はどう思いますか?

と切り返したときは、思わず吹き出しそうになりました。(笑)

とても良かったと思います。

きっとこの様な経験を繰り返しながら、
みんな成長していくのでしょうね。
私自身もとても勉強になった八高生版議会でした。