アホウドリの長谷川先生が来店。雛の数に驚きですよ。

今日は青ムロくさやのできたて発送日。
例年なら、深夜1時過ぎ頃から乾きはじめるのですが
脂ののりがとても良く・・・

朝日の写真を撮影した
朝日

5時過ぎ、
まだ半分も乾いていませんでした。(>_<)

結局、
乾燥機を止めたのは9時過ぎでしたね。
できたて商品の発送、真空包装等を終えたのは
お昼前でした。

 

お昼に発送メールを書いていると
「こんちわ!」
「あっ、先生!」

鳥島でアホウドリの調査を終えた長谷川先生でした。
「どうでした?」
「増えたよ~533羽!」
「ついに500越えたんですか?」
「越えた!!」

すごいですね。

「初めて雛を見たときは15羽だったよ。もう大丈夫だね。」
「そうですね。」
「推定で4615羽くらいかな~」
「そんなに!」

「たぶん秋には5000羽突破すると思うから、
あと三回調査に行ったら終わりにするよ。」
「えっ~雛は見ないんですか~」
「船も高くてね・・・でも雛500、成鳥5000を越えたら十分でしょ。」
「そうですね。」

 

アホウドリを絶滅危惧種から救った長谷川先生。
すごいですね。

人生全てを、アホウドリにかけ
鳥島に行った回数は100回を超えています。

船が苦手なのに・・・
しかも
鳥島に一ヶ月も一人でいるんですよ。

秋はつがいの数を数え
春は雛に足輪を付けて・・・
巣場にススキ等を植え、地固めをしたり
数が増えたため、新たに巣場を作成したり。

大変な時間と労力でしたね。
何より一生をかけた事業に、私には絶対真似できないな。

飛魚の燻製をお土産に準備していると
「一緒に送ってもらえる?」
「はい!」

今日の飛行機で帰るとか。
今晩はゆっくり休めますね。
お疲れ様でした。

 

さて、
今日は八高で委員会。
そして
明日は食品衛生協会の総代会。
朝から会場準備等で、忙しい一日になりそうです。

飛魚船も、R丸さんはキンメ漁に切り替わるそうです。
M丸さんからも、「もう終わりにするけど・・・」
と伝言が。

ここ二年ほど、夏飛魚を製造したくて注文していましたが、
今年は春飛魚漁の盛期が遅くずれ込んだため
夏飛魚を製造する時間が無くなってしまいました。

もう一週間、春飛魚が早く獲れていたら・・・
今考えると
4月の中旬頃に、一週間ほど漁がなく製造できなかったのが
痛かったです。

明後日17日からは、またむろじの製造予定。
コツコツと製造に励みますね。

今晩のPTA会長挨拶・・・
そろそろまとめないと。