昨日はお休みでしたが、今日は出漁しました!

昨日はお休みだったムロアジ漁。
今日は出漁しましたね。
朝一番の港は、空っぽでした。
漁港内

手前に見えるのは、製氷工場です。
以前は、油タンクがあったのですが
取り壊され、自動で販売できる製氷工場が建設されるそうです。

今月1日には基礎のコンクリートが打ち込まれ
8月1日

基礎を固めたあと
8月3日

二日前、再度コンクリートが打ち込まれました。
8月10日

すごいですね。
確か予算は5億円ほどでしたでしょうか・・・
一次産業の助成金は大きいですね。

 

大きいと言えば、午前中
漁協から電話があり
「今日はどれくらい(買う)?」
「5~7ザルくらい。」
「今日は小さいみたいだよ。と言っても61ぐらいだけど。」
「じゃあ、7ザル(約250kg)にしといて。」
「了解。」

まだ10ザルほどしか漁獲されていないので
入札は夕方かな?
鮮度が製造時間に関わってくるので、
柔軟な対応が必要ですね。

 

今日、水海山にある八丈島一般廃棄物最終処分場運営協議会
住民代表委員に応募しました。
二年に一度の公募。
もちろん無給です。

有給と無給の振り分けは、私にはよくわかりませんので
今度、町の監査委員に聞いてみようかな~

お金が欲しいわけではありませんが
会議によってお金が支給されたり、されなかったり。
どう見ても座ってるだけで、支給されるケースもあり
なんだかな~

 

さてさて、今年度委員に応募したのには理由が。
焼却灰に「」が含まれていた件で気がついたのですが
処分場の計画時建設時と、運営開始後は異なっていたからです。

処分場開始前は
「遮水シートを破損する恐れのある廃棄物(鋭利なもの、堅いもの)が混入してい
た場合は、速やかに手選別にて除去する。異物が混入していた場合は、一部事務組合に報告する。」

と言うことでしたが
「この内容が守られていない。」

守られていないというのは、処分場を管理している業者のお話しではなく
処分場を運営管理する一部事務組合の説明が。

長くなるので詳しくは書けませんが、受け止め方によっては
多少の「釘」が入るのは大丈夫
といえる説明に変わっています。

この様な変化が、他にも見られます。
約3年ごとに担当者が変わると、同じデーターでも
受け止め方も、島民への説明も変わります。

9年前から見てきた自分の目を、自分の想いを
きちんと担当の方に伝えたい。
その想いを理解して頂き、伊豆諸島のために役立てて頂きたい。
そう思っています。

 

父の畑で採れた今朝のオクラです。
朝採れ

先月、
朝夕と水をまいたおかげで収穫できました。
水は大事ですよね。

だからこそ、建設費20億円で
水源の山中腹に立てられた
処分場の運営は適切に行って欲しいです。