今日は石神井東小学校4年生のみなさんと!

今日は午前1時45分に目覚まし時計が鳴り・・・
「起きなきゃ。」

気温が高いせいか、
それとも昨夜早めに寝たせいか
思ったより、スムーズに起床することができました。

加工場に行き、すぐにくさや液から
ムロアジを上げました。
くさや液はもう少し発酵しているかと思いましたが
この時期としては、上出来でしたね。
発酵中

一人で液から上げて、一人で洗う作業も
この二ヶ月半ですっかり慣れ
予定通りに、塩抜き作業に移行できました。
塩抜き中

今日は、くさや液の塩分度数が下がりましたので
今回と前回お休みしたくさや液タンクと
使用したくさや液の調合をしました。

前回ご紹介しましたが、
魚を浸けたくさや液(向かって左)は、くさや菌が発酵して泡立っていますが
休んだくさや液(向かって右)は、撹拌しても泡はごくわずかでしたね。
比べてみると

今朝、調合した結果はご覧の通り。
両タンクとも一気に発酵が始まりました。(^O^)
くさや液

これで次回の製造に使用できますね。

 

くさや菌も生き物ですので
餌も必要であれば、空気も必要です。
連続使用をすると、菌が減ってしまいますし
休ませすぎても減ってしまいます。

くさや作りは、
実はくさや菌の生育にかかっている
と言っても過言ではありません。

高温すぎても、低温すぎても
発酵の仕方は異なりますので
くさや液に浸ける時間も異なってきます。

難しいですね。
生き物は・・

 

難しいと言えば、
今日、石神井東小学校からお電話がありました。

正確には、干し作業をいち早く終え
電話機の前で待ってました。(苦笑)

11時からのお約束でしたので
いつもよりほんの少し早めにくさや液から上げ
干し作業が終わったのは10分前。

母から「15分前だよ。」
とせかされながらの片付けでした。(苦笑)

 

11時5分頃だったでしょうか~
ベルが鳴り「きた~」(^O^)

小学校4年生の息吹を感じながら
電話授業がスタート。
大きな声で挨拶が終わると
質問が始まりました。

「魚の種類によって味は違うんですか?」
「くさやの液ってなんでできてるんですか?」
「港から38秒って書いてましたが、港に近いことと魚と関係あるんですか?」
「飛魚は何m位飛ぶんですか?」
「黒潮と関係あるのですか?」

次々と沸き上がる質問にたじたじ。

先生からも補足の説明や質問もあり
「なぜ、飛魚とムロアジなのか?」
「黒潮と漁獲量の関係は。」
「くさや液の引き継ぎ方は?」
「他の魚を原料にしたら?」

授業のテーマは、くさやだけでなく八丈島全般ですので
漁獲量や島の気候など、子供達の知識は私以上。(>_<)

久しぶりに緊張しました。(笑)

 

先生から
「長田さんの想いを話して下さい。」
と言うことで、簡単にでしたが
・島を出て静岡、北海道で過ごしたこと。
・15年ぶりに帰ってきて、島の良さに気づいたこと。
・くさや屋を継いだこと。
・これからの展望
を話しました。

短い時間でしたので、上手に伝えることはできませんでしたが
授業終了後、先生からすぐに連絡を頂き
「ありがとうございました!」
と。
また機会があればよろしくお願いしますとのことでした。

子供達と直接触れ合う授業は、台本も何も無いので
楽しいですね。

もっとこんな風に説明したら良かったのに・・・
受話器を置いてすぐに反省でしたが
また次回があれば準備したいと思います。

 

12月の横浜市立中山小学校とは、また異なった授業に
教育の奥深さを感じました。
先生って、すごいな~

石神井東小学校4年生のみなさん!(^O^)

今日はありがとございました。
わからないこと、納得できないこと等ありましたら
遠慮無く質問して下さいね。

 

今日の最高気温は、
13時01分 19.7度。
夕方には雨となり、明朝からは15度くらいに。
この暖かさも南風が西に変わると、終わっちゃうんですね。

冬の八丈島は西風が強く・・・
早く春がこないかな~(苦笑)

こちらはもうまもなくできあがります。
今日干した青ムロくさや!
できあがり発送日は、19日(金)です。
ご注文は、こちらから。

ぜひお楽しみ下さいね。