1982年の月食は、真っ暗でした。

今日は午前3時半起床。
昨夜は、皆既月食を見てから寝たので
睡眠時間4時間くらいでしょうか。(>_<)
ちょっとテンション上がりすぎたみたいです。

昨夜は、八丈高校の役員会を終え
近くのペンション大吉丸さんへ。

実は30日に閉店でしたが
「予約も無いので。」
と言うことで一日延長して頂きました。

心優しいですね。
お店を貸し切りにして頂き
食べる物もたくさん!

サラダ、唐揚げ、焼き鳥、天ぷら、オイル漬けののった?パンに、おにぎり等
食べきれないほどでした。

 

実は、その頃すっかり皆既月食のことを忘れ
閉店時間の22時に
お礼を述べながらドアから出ようとすると
お店の方から
「月食、始まってますよ!」
「あっそうだ!」
昨日のブログを見ると
・・・・・・
20時48分頃に月が欠け始め、
21時51分頃に完全に月が欠けて皆既食に。
23時8分頃には輝きが戻り始めるそうです。
・・・・・・
ちょうど、完全に月が欠け
皆既月食になっていたところでした。

「赤いね~」

この時の私、
皆既月食は真っ暗になると思っていましたので
今ひとつ現実を理解しておらず。(>_<)
と言うのも、今回の皆既月食。
35年振りと言うことは確認していたのですが
「スーパーブルーブラッドムーン?」
と言う意味がわからず

1.月が地球に近づいた状態の満月
2.月内で2度目の満月
3.皆既月食で月が赤くなる

の三つが重なった状態なのですね。(>_<)
実は35年前
調べましたら、
1982年1月10日午前3時13分から欠け始め午前4時56分最大となりました。
この年は12月30日に二度目の皆既月食が見られました。

私の記憶は
沼津で、
一度寝てから起床し、外に出ると
真っ暗で、たくさんの星空だった!(^O^)

八丈島でも見たことの無いくらい
小さな星まで、夜空が星で埋まっちゃうくらい素敵な夜でした。

当時は視力も良く、メガネもかけていなかったので
今でもあの時の夜空が記憶に残っています。

で、私の頭の中には
月食=真っ暗の夜空
と言うのがインプットされてしまいました。

 

で、暗闇の月食を検索すると

国立天文台NAOJに、こんな内容が書かれてありました。
・・・・・・・
火山の噴火が、皆既月食中の色に大きく影響する
(中略)
非常に大きな火山活動があったあとには、しばしば皆既月食中の月が暗く黒っぽく見えるということがわかってきました。火山灰や火山噴出ガスが成層圏(地上約15km以上)にまで達するような大きな火山活動が起こると、大気中に火山灰や噴出ガスから生成される小さなチリが長い間浮かんで漂います。このチリによって、大気を通り抜けられる光が少なくなるため、皆既中の月が暗くなるのだと考えられています。
最近では、1982年12月30日に起こった皆既月食が真っ暗になり、月がほとんど見られませんでした(ダンジョンの尺度で0相当)。これは1982年春に噴火したメキシコのエルチチョン火山の火山灰等が成層圏に達し、影響をおよぼしたからだと考えられています。
・・・・・・・

これだ!
と思いましたが、私、12月30日の夜
なぜ沼津にいたんだろう?

当時、セブンイレブンでアルバイトをしていたので
年末ギリギリまで、帰省しなかったのかな?

でも、
皆既の月が暗いのに、星が見えるのかな~
と言うことは、1月10日だったのかな?

結局どちらかわかりませんでした。(>_<)

 

昨夜の月食ですが、ミクママが
「雲の隙間から撮ってみた!」
のがこちら。
こちらが、21時34分。
だいぶ欠けてきましたね。
21時36分

そして、13分後の47分。
もうまもなく皆既月食です。
21時47分

最後が、21時53分。
皆既月食になりました。
21時53分

たぶんこの頃、
ペンション大吉丸から「迎えに来て」と電話をしてしまい・・・

一番良いところでしたのに
申し訳なかったです。

帰宅後は雲が徐々にあつくなり、
良い観測はできませんでした。(残念)