早大生チームが教えてくれた「島に行きたくなる」お店って!

今朝も、雨音に起こされましたね。
ここ数日、小雨模様が多く
ハッキリしない天候が続いています。

昨日のこととなりますが、
離島キッチン日本橋店」オープンを控えて
早稲田大学チームが見学に来てくれました。

離島キッチンと言えば、隠岐の島海士町。
ですよね。
この10年、全国の離島の中で最先端を走り続け
これからどのように継続して行くのか注目していました。

 

離島キッチンに大学生が関わる事は知っていましたが
その中身は理解していませんでした。

そんな中、
「日本橋店」のFBに掲載してあった動画を見て納得!

チームみなさんが
「お店を通して、島に行きたくなる。そんなお店にしたい。」
と言う意味を理解することができました。(^O^)

4分44秒と短いですので
ぜひ一度、その思いをご覧下さいね。
「日本橋店オープンへの想い」
動画は、こちらです。

 

八丈島の食材探しは、当店で三件目と言うことでしたので
説明は、私が伝えられることを中心にさせて頂きました。

簡単に言うと、初めから脱線ばかり。
すみません。(>_<)

真面目なお話しは、まずお魚の話しから
島の魚

飛魚、ムロアジの特徴や、冷水塊の影響
漁師さんとくさや生産者の関係等々お話ししました。
冷水塊が・・・

そんな時
「おさださん!焼けた!」
「あっ、焼けた?」(苦笑)

実は
焼きたてのくさやを食べて頂きたくて
説明しながら、くさやを焼いてました。

ほのかな香りが、加工場中に漂い始め
試食

早速、試食してもらうと
「美味しい!」

20分前に焼いたくさやと比べ
「焼きたての方が美味しい!」(^O^)

 

身の柔らかさを楽しんで頂き大満足!
「焼き加減が難しいんですよ。この加減を伝えるのが難しくて。」

「食材」の大切さは、地元生産というだけで無く
その取扱でも変わってきます。

伊豆諸島それぞれのくさや風味が異なるように
焼き加減で、食感をはじめとした食材の持つ特徴が変わってきます。

硬干しにして、「しっかり焼く」と
噛めば噛むほど味が出るくさやとなります。

柔らかめに干して、「半生焼き」にすると
口に入れた瞬間、ホッケのような身の柔らかさと
くさや独自の風味が醸し出されます。

その味は、今回みなさんの顔を見て
「焼きたてじゃないと、伝わらないんだ!」
とあらためて気づきました。

 

説明する間、学生さん達の何かを得ようと耳を傾ける姿は
とても真摯で羨ましかったです。

私がもう少し、的を射た説明をできると良かったのですが・・・(>_<)

最後はお店前で、
みんなで!

手作りの看板前で撮影して頂きました。
寒い中、ありがとうございました。

 

何か感じてくれたかな~

きっと来店前に聞きたいと思う内容と、
だいぶ違ったと思いますが
「八丈島への思い」として理解して頂けたらなと思います。

八丈島には違う角度の八丈島がもっともっとたくさんあります。
文化だけで無く、歴史から観察すると
もっと楽しい発見の八丈島が見えてきます。

そんな説明を上手に伝えられるよう、
私自身もっともっと勉強していきたいなと思いました。

この度は、良い機会をありがとね!

あっ、
「418の島と繋がる離島キッチン新店舗を学生とプロデュース!」
というファンディング企画を行ってました。
ご協力お願いします!(^O^)
詳しくは、こちら。←クリックしてね。カチッ!