右上を見る、左上を見る。嘘をついてるのはどっちでしょう?

今日は、9時半過ぎに大賀郷小学校に。
昨日に続きP連作品展に行ってきました。

10分前には会場に。
八高ブースで、挨拶をしていると
「あっ、大澤校長!」
「あっ、おはようございます。」
いつもにこやかな大澤校長先生。

「写真、ありがとうございます!」
「いい写真だったでしょ。」
「はい!で、ゴール前の写真のデーター、欲しいのですが~」
「いいですよ~今度持っていきます。」

昨日ご紹介しました、
パブリックロードレース
画像ファイル。

昨年は、雨でしたので
「車からでるのも嫌で・・・撮影しなかった。」
そうですが、
今年は、スタートからゴールまで
「知り合いばかりですがね~」
「それに七、八千円のカメラなので一人2枚までしか撮れません。」(苦笑)

 

その後、校舎二階に移動し
「父母と教職員の集い」の教室に入ると
T副校長先生と、女性の方二人。

少ないとは聞いていましたが・・・
しばらくして、各学校の副校長先生はじめ
保護者の方も数名。

大澤校長も
「じゃあ、私はここで。」
と、私の隣に。(苦笑)

ミクママ、きょんパパ、大澤校長先生と。
3年前の富士中時代でしたらわかりますが・・・(笑)

気軽な先生がいらっしゃると、本当に嬉しいですね。
ちなみに3年前は、
私がPTAの副会長。
大澤校長先生が、副校長先生で八丈島に戻ってきたばかりでした。

 

そんな状況で、
あきる野市教育相談所 主任相談員
池田敬史先生のお話しが始まりました。

赤ちゃんのお話から、
理解することの仕組みをわかりやすく
教えて頂きました。

褒めることの大切さをはじめ
気づきが一杯ありましたね。

また、「間違えること」も
人間らしいと知りました。

間違えて、「いいんですよ~」
と褒められるのも不思議な感じでした。(笑)

 

左脳と右脳のお話しもあり
ちょっと検索してみたら
相手に質問をして、話し相手の方が
右上を見て考えるのか、
左上を見て考えるのか
で、
相手が正直に真実を思い起こそうとしているのかどうかわかるそうです。

ちなみに、右上を見ていると嘘をついているかも・・・
とか。(苦笑)

実は、
「空想にふけったり、これからの出来事を考えるときは
右上を見ることが多いから」だそうですよ。

詳しい右脳と左脳のお話しは、こちら

全てが当てはまるわけではありませんが
知らないことって、たくさんありますね。

 

昨年は、何だかバタバタして片付けた作品も
今年はあっという間に終了。

一年目のドキドキ感と言いましょうか
初々しさがなくなり、なんだかちょっと寂しい
自分が不思議なP連作品展でした。

それにしても・・
「父母と教職員の集い」
参加者が少ないのは、保護者に向けた
声かけを工夫しないとかな~

意識付けが大切かなと思いました。