炭火焼きをすると 「あっ、焼きたては違いますね。」

今日は朝4時起床。
昨日登った八丈富士登山の疲れもなく
「絶好調!」

5時過ぎには、加工場に。
水溜めしたり、くさや液を撹拌したり、
春飛魚の製造準備を行いました。

 

6時半頃、
港に行くと、すでにM丸さんが横付けされており
「おはようございます!」
「おう!」
「獲れた?」
「獲れんねぇ~」(苦笑)
「また~」

何と今日は5千尾の豊漁!
昨日の5倍でした。(^O^)

「今日は、ボーケめけれるぞ。(大きいのを選んで渡せる)」
「ホントに!」
「けぇ~は、特別だあよ!」(笑)
「よからら~」

「きのう、登ったのか?」
「うん!息子と登った。」
「暖かかったろ~」
「いや~南風が強くて、八重根の方からの風は冷たかった。」
「そごんだ~よんべは吹かあよ。(夜は風が強かった)」

 

そんな話しをしていると
油を積んでいたR丸さんも横付けされ
まもなく、水揚げが始まりました。

選別された大サイズを待っていると
「ちいとでも持ってく?(少しずつでも加工場に持っていく?」
「いや、今日はまとめてで大丈夫。」
「これはねっこけんて、ちぃと待て。(今選別された飛魚は小さいから少し待て)」

しばらくして
「Tん所から持ってこ。」
「うん!」

T兄ちゃんの所に行くと、他の選別している方よりも
大型の飛魚がざるに入っており。(苦笑)
「持ってくよ!」
「おい!」

そうそうT兄ちゃんと言えば
「たか~」
「はい!」
「これぇも!ばーさんと嫁げぇ~」
「ありがとう!」

貴重な雌をしっかり頂きました。(笑)

で、購入した春飛魚です。
獲れたて!

 

朝からバタバタしていましたが
11時半前には、くさや液に浸け終わり
くさや

続いて、手塩仕上げの春飛魚も終了。
手塩

これで安心して、「春飛魚」の宣伝ができますね。

できたては発送は、21日(水)。
ぜひ、お楽しみ下さいね。
できたて春飛魚くさやは、こちら。(^O^)

 

炭火焼きをすると
「あっ、焼きたては違いますね。」
と。
春飛魚くさやの焼き加減は
ホッケを焼くように、身の柔らかさが決めて。

ほぐしたときに身がバラバラになりがちですが
そこは、ご飯の上にのせ、お茶漬けが最高ですよ。

ぜひぜひ、お試し下さいね。

 

さて、
今晩は、青少年対策大賀郷地域委員会定例会。
青少対の会議は、これが最後となります。

初めは地域が異なり、戸惑いましたが
2年間、出席させて頂き
今では堂々と。(苦笑)
なんだか寂しい限りですね。

明朝は早起きして、くさや液から春飛魚を上げ
日本手ぬぐいで一尾一尾洗います。

前回製造の二倍量となりましたので
頑張らないとですね。

ちなみに明日の晩は、今年度最後の八高役員会。
いよいよこちらも最後の登校です。(苦笑)