ようやく気づいたんです。 「あっ~説明内容ミスった。」

今日は、午前5時起床。
少しずつですが、明るくなるのが早くなってきましたね。

加工場に向かうと、散歩の声が。
「おはようございます!」
と声をかけると、
「おっ!」
驚いた様子に。(苦笑)

「トビヨ(飛魚漁)はいつでるだろ~」
「24日ぐらいじゃない。」
「そうなんだ~ありがとう!」

明日23日に、出漁してくれると嬉しいのですが~
うねりがまだ残るのかな~

 

で、今日は焼きくさやの製造。
くさやを焼きはじめました。

腕を骨折するまでは、父の仕事でしたが
くさやを焼くのもすっかり慣れましたね。

くさやの焼き色具合や、脂の出方など
焼きながら新しい発見がたくさんあり
だいぶコツも習得できてきましたね。

ちなみに焼き加減は、
「むしりやすくてちょうど良かったよ。」
とミクママ。

明日も、早朝からくさや焼きなので
頑張らないとですね。

 

頑張ると言えば、
今日は、包丁も11本研ぎ・・・
「親父は包丁研げるかな?」
と、昨日母に聞いてもらったのですが
「機械を買えって。」
「あっ、自分で研ぐ。」(苦笑)

食堂のKくんに
「包丁研ぎは、機械はダメ。」
と言われているので
一本一本、ゆっくり丁寧に研いでいきました。

次回の飛魚製造
切れ具合を確認しないとですね。(苦笑)

 

切れ具合が悪かったのは・・・
昨日もご紹介しましたが、今日は38名の方が見学に。

なんでも二日間、飛行機欠航で島に滞在したとか。
一日ならまだしも、二日間の延長はきついですよね。

話しを初めると、みなさん笑顔で聞いていたのですが
20分ほど過ぎ、お一人の方がしゃがみ初め・・・

近くの方が
「どうしたの?」
「いや、しゃがんでるだけ。」
と、

「あっ、疲れて厳しいかな。。。」
と判断し、話をやめくさや液室に移動。

くさや液を撹拌し始めると
「におってきた!」
一人離れ二人離れ・・・

残ったのは10人ほどに。(>_<)

 

ここでようやく気づいたんです。
「あっ~説明内容ミスった。」(苦笑)

最後まで残ったお客様は
「くさやは冷凍した方が良いのですか?」
「冷凍して保存すると、細胞が壊れ味がまろやかになりますよ。」
「どれくらい持ちます?」
「賞味期限の試験を2ヶ月しかしていないのですが・・・
中には、冷凍庫の中に入れっぱなしだった!と言うお客様もいます。」(苦笑)
「ですよね~八丈のくさやはあまり匂わず食べやすいですね。」
「ありがとうございます!」(^O^)

 

で、何をミスったかと言うと
くさやへの想いを説明しきれず
中途半端になってしまいました。

いつもなら話し込むほど密になっていくのですが
二日間も旅行が延期されたら、体力的にもきついですよね。

もっと話すポイントを絞った方が良かったなと。
この部分は初めてのことでしたので
勉強になりました。

次回は気をつけたいなと思います。

 

昨晩は、飛魚のフライづくしを。
もちろん、T兄ちゃんから頂いた
卵のフライも!
飛魚フライ

「初ものは美味しいよね。」
「たしかに~」

脂ののった今がまさに旬ですね。

できたての春飛魚くさや!
飛魚くさや

ぜひお楽しみ下さいね。
身が柔らかく、美味ですよ~
できたて!

ご注文は、こちら

明朝も早いので、今日はこの辺で失礼しますね。