18年間ありがとね。

今日の一便で、ケイが島を離れました。
この日記が始まったのは、2000年4月4日。

ケイが出てきたのは
・・・・・ここから
2000年5月23日(火)
ショック。午前2時にタイからメールが届いた。
出張中らしくまったく大変な仕事である。
私の家には、まだ生後8ヶ月の息子がいる。
(まるでペットの紹介のようになってしまった。)

この息子、ようやく、おっちゃんこしおもちゃをつかみ遊ぶようになった。
ところがである、メールによると数週間遅れて生まれたはずなのに、
ハイハイしているそうだ。我が家のまるまると太ったデブkeiちゃんは
まだまだ先になりそうだ。
(これからkeiちゃんも参加しますのでよろしくおねがいします。)

・・・・・ここまで

それから、今日まで
家族の中心にいたはずなのに。。。

 

昨夜は、両親と一緒に晩ご飯を食べに出かけ
「ビール飲まないの?」
「いや~帰ってから飛魚干し上がるから。」

結局、帰宅してから
加工場の仕事が一段落したのは
午前1時過ぎ。

最後の夜だから、ケイの姿を見て
と、仕事の段取りをつけ帰宅したのですが、
リビングの電気は付いていたものの・・・
誰もいませんでした。

 

「一便だから仕方ないか・・・」

お風呂に入り、午前3時頃まで
いつもなら深夜までケイがパソコンをしていた
和室で、ビデオを観賞。

くさやの製造で深夜起きすると
まだパソコンをやっているケイの姿が懐かしく。

そんなことももう無いのですね。

 

朝6時頃、目が覚め起床。
一仕事終え、帰宅すると
最後の段取りを。

「何時頃行く?」
「20分くらいには(空港に)つきたいな。」
「8時10分頃、写真撮って、15分頃でようか~」
「うん。」

で、撮影したのがこちら。
みんなで

初めはお店前で撮ろうとしたのですが
北東の風が20m近く吹いており
「カメラが飛ぶから。」
と加工場の中に、三脚を立ててパチリ。

 

撮影は、スムーズに終えたのですが
実は昨晩、三人で撮影の練習を。(苦笑)

「シャッター時間は2秒で大丈夫かな?」
「無理じゃない!」
「一度やってみる。」
2秒だと

「ほらね~」(爆笑)
「じゃあ、10秒で。」
三人で

結局、私はこのあと加工場に行き・・・最後となってしまいました。

 

飛行場に着くと、A先生とK先生が来てくれて。
先生と

就職先のことや、テレビ撮影のこと
部活のことや、寮のことなど楽しい一時を過ごしました。

「次、来るのは夏かな?」とA先生。
「う~ん、向こうの友だちが優先みたいなので、好きなようにさせます。」と私。
「好きなように!」(笑)

 

何もわからないことばかりで
ケイ自身、その場その場の経験で始まる感じですね。
だから予定も見えてこない・・・

「お休みだけはきちんとあると良いね。」とA先生。
「うん。」
と答えたケイも、やっぱり自信なく。

「今年から普通科を取り始めたので。」
「大丈夫!文化系でも理科系に就職する人もいる!」
「そうですよね。」
「会社で学び始めた方が良いことも!」
「そうそう!」(^O^)

 

「そろそろ中入る。」
「もお?」
「だって15分前でしょ。」
そう言って、立ち上がったケイ。

「気をつけてね。ありがとね。」
「うん。」
「ケイ!」
最後の

笑顔のケイとは裏腹に、涙は一杯で・・・

 

見送ったあと、屋上に上がり
強風の吹く中
「上で見送ってるから」
とメールを。

しばらくして、
振り返りながら、手を振るケイが。
飛行機に

「(前から)10番目だっけ?」
「そう。どっちかな?」
10番目

わからなかったけど、
あとから聞いたら、こちらの方だったとか。
「手を振ったの見えてたんだね。」
「そうなんだ。」

飛行機は滑走路を走り抜け
あっという間に、雲の中に飛び立ってしまいました。
雲の中に

 

で、ケイから「(富士)山が見えた」と送られてきた画像がこちら。(^O^)
富士山
座席は飛行機の羽よりだいぶ後ろでしたね。(苦笑)
画像、ありがと!

今日、ケイの
真っ白なキャンパスに、ようやく一つ何かかが描かれました。

どんな絵になるのか、想像つきませんが
きっと私には描くことのできない
ケイらしい絵になるのでしょうね。

ケイ!18年間、ありがとね。