ローマ字変換にするには、Altが必要でした。

昨夜は21時半頃からムロアジくさやが干し上がり初め
帰宅したのは23時半頃過ぎでしたね。

干し上がってみると、思った以上に大きく
驚いちゃいました。
干し上がり

今晩の飛魚漁がお休みと聞き
明日もムロアジを製造しようかと思いましたが
焼きくさやを製造することに。

実は獲れはじめた春飛魚ですが
夕方、加工組合に行くと
「トビ買いました?」
「いや、月末でムロアジを出したのでムロ製造した。」
「獲れなくなり、小さくなりました。」
「えっ~」

 

と言っても、数千単位で獲れているのですが
サイズが小型化したのは、理由があるはず。

資源の減少か
産卵期の進みが早いか

いずれにしてもあまりよい兆候とは言えませんね。

シーズンが早く終わると困るので
次の出漁で購入することを最優先にしました。

と言うことで、
明日は焼きくさやの製造をすることに。

 

実は今日も午後から、注文を受けていた焼きくさやの製造を。
で、面白い結果が。

ムロアジを焼きくさやにする前に
頭と尻尾を切り落とすのですが
重量に換算すると、全体の約8.5%でした。

で、残りの身の部分を焼き
皮と血合い、骨を取り除き
焼きくさやにすると
焼く前(頭と骨も付いた状態)と、
ほぐしたあとの歩留まりは57.1%。

大きいサイズのムロアジですと60%位あるのですが
1kg10枚前後サイズですと、若干劣る結果に。

焼いてほぐす手間と、ガス代
真空袋代を考えると、この作業誰が考えたんだ~(苦笑)

もう少し効率を高め工夫を考えないとですね。

高めると言えば
「たか~」
「なに~」
「パソコンよなおしと~」
「あだんしたの。」
「ローマ字よ打ってもかなげぇ~なろだ~」
「あ~すぐ治る。いつ行けば良い?」
「今日の昼でも。」
「じゃあ、16時から加工組合で、17時から見学者来るから15時で。」
「おい、じゃあその時帰ったある。」

ところが焼きくさやの製造が思ったよりかかる上に
お客様の来店で出荷作業もあり・・・

「(15時)10分前だから、シャワー浴びて行ってくる!」
と、急いで帰宅。
着替えて再び加工場に来ると
携帯がパコパコ。

「えっ~何?」
と確認すると、メール&電話が。
取り急ぎ返信し
15時5分に到着。

「すみませ~ん。」
「お~い。」
「PCは?」
「ここ。」

で、症状を確認して
ローマ字変換にしても
「変わらない!」(>_<)

仕方なく、ヤフー検索して
「Alt+カタカナひらがなローマ字キーをクリックだって。」
と行うと
「できた!」(^O^)
「おっ、ホントだ。」
「じゃあ、帰るね~」
「おい!ありがと~」

些細なことなのですが、
困った方は大変で。

「これで、上京前に夜仕事ができろは。」
と。
よかったですね。

15年ほど前はこんなことが良くあって
Yahoo!のモデムが故障する度に呼び出されたことも。
今はそんなこともなくなり、時代を感じますね。

無線LANが使えなくて、困り果てた方に
自分のモデムを持っていき試したことも。

原因を究明し、名前も言わずに帰宅したのに
後日、お礼の電話が鳴りびっくりしたこともありました。

今では当たり前にネット回線が広がり・・・
まっ、喜ばしいことですね。

すみません。
19時半を過ぎたので今日はこれで失礼しますね。

明日は早起きしてくさやを焼かなきゃ。
早めに終えて、今日やるはずだった
食品衛生協会講習会案内葉書を作成発送しないと。
昨日作成した予算決算書(案)もコピーして事前配布しないと。

やること一杯です。

 

こちらも一杯咲き始めました。(^O^)
開花!

では、今日はここまでです。