「水海山の緑と水を守る会」会報vol.18が配布されました。

今日は一週間ぶりに青ムロくさやの製造でした。
正確には8日振りなのですが
講師や総会準備で、あっという間の一週間でしたね。

そんな今日は朝から、製造準備を。
くさや液室の気温は21度。
湿度は66%。

「製造には、ちょうどいいな~」

先週の暑さが、タイミング良くおさまり
「今日はいい感じ。」

くさや液をかき混ぜると、
「泡ので具合も、いい感じ!」
付ける前

早速、青ムロアジの製造を始めると
「今日のサイズ、バラバラ。」
「確かに・・・」

同じ料金なのですが、大小の差が大きく
1kg 4枚から8枚サイズくらいかな?

さすがにこれだけ大きいと、
いつもよりはやめに終了。

あっという間にくさや液におさまりました。
くさや液

ちなみに付け終わりの気温は19.6度、湿度は62%でした。
気温湿度

今日は風が強く、気温もあまり上がらなかったですね。
製造日には、ピッタリでした。

明朝は午前1時に起床して、水ため作業から。
塩抜き用たる

明日の時間を確認したら、商工会総代会が15時集合。
八高総会前の役員会が19時集合。

と言うわけで
今日もいつものように挨拶を考えながらの製造でした。(笑)

漠然としかイメージ沸かないのですが
もう少し固めてから、明日を迎えないとですね。

 

迎えると言えば、
遅くなったのですが、亀山亮くんの
「山熊田」を購入しました。
山熊田

これは八丈の店舗で購入しなきゃ!
と、ずっと考えていたので~

お店先にも並んでいますので
ぜひご購入下さいね。

それにしても土門拳賞を受賞した亮くん。
こんな身近に、こんなすごいカメラマンがいるなんて
ホント八丈島ってすごいな~
と思います。

 

すごいと言えば、水海山の緑と水を守る会の会報vol.18が
昨日の新聞と一緒に配布されました!
会報表

会報裏

ぜひ読んでみて下さいね。

 

2008年夏の終わりから関わり始めた「水海山」の一般廃棄物最終処分場。

「水海山」という名前は、昔は湖水があったのでつけられたと言われます。
八丈実記に「水海山は古絶項に湖水あり、麓を黒滝の池という。今はなし」
と書かれており・・・

そんな場所に、なぜ最終処分場を造ってしまったのか。
親として、住民として、これからもずっと考えていかなければ、
子供達に、島の未来に申し訳ないですよね。

私自身、自らの行動と共に、処分場完成までの道のりを
悔恨込めて伝えていきたいなと考えています。

5月31日に開催される、小中高のP連総代会が終わると
PTA関係の仕事が一段落するので、
どのような形が良いのか考えてみますね。

水海山の緑と水を守る会のサイトはこちらです。
こちらもそろそろ作り直さないと・・・(>_<)