南三陸町で目にしたのは、まだ終わっていない現実でした。旅行(5)

今日も朝一番、冷蔵庫&冷凍庫の温度表示を確認し
一日をスタートしたのですが、2時間後・・・

予備用冷蔵庫を見てびっくり。
何と表示温度は、15度。

冷蔵庫

ガスが抜けたのかな~
と思い、業者さんに連絡。
すぐに来てもらい
いつものようにガスを入れてもらったのですが

「あっ、今、カチャって聞こえなかった?ほら。」
耳を澄ませ、聞いてみると
カチャ!
「してる。」

「固着だな~一度止めて冷ましてからみるわ!」
と3時間ほど冷蔵庫を止めることに。

で、再び稼働してみたのですが
「ダメだあの。」
「修理は?」
「外に機械を設けてみようと思ったけど三相しかなっけだら。」
「買った方が安い?」
「う~ん、30万くらいするかな。」
「あっ~相談して見る。」
「とりあえずメーカーに聞いてみ。機械あるかどうか。」

で、メーカーに問い合わせ中。
返事待ちです。(>_<)

 

で、連絡きました~

症状を説明すると
「う~ん、コンプレッサーですね。」
「やっぱり。」

「17年、使用していますからね~」
「えっ~」
「修理してもない部品とか、直しても他が壊れてくるとか・・・」
「在庫はあります?」

「あっ、コンプレッサー1台だけありました。」
「おいくらくらいですか?」
「3万円くらいですが、改造するのでその他の部品代5万円くらい。それにそちらに伺う旅費に工具運賃・・・」
「ですよね。」

購入時の価格を調べたら、約60万円。
新規に購入するのも、修理するのも
諦めることにしました。(>_<)

 

さて、こちらは諦めずに今日もご紹介しますね。
平泉から南三陸町に向かい事になりました!(^O^)

6月6日(水)午後

平泉から山中を走ること1時間半。
突然開けたと思ったら、そこはショベルカーが動きトラックが走り回り・・・
言葉になりませんでした。

工事

「震災は何も終わっていない。」
そう教えてくれたのは、3月に八丈富士を一緒に登った
Sさんでしたね。

まさに今、その光景を目の当たりにし
「まだ何も始まっていない。」
そう思いました。

南三陸さんさん商店街に車を止め
南三陸さんさん商店街

ふと目にとまった写真がこちら。
震災あと

~けっして忘れないために そして後世に伝えるために~
と書かれた文字は、何よりも重かった。

 

そして目を、工事現場に向けると
「あっ、」
防災対策庁舎

足下の土地を、10mかさ上げしたため
上部3mしか見えませんでしたが、それはまぎれもなく
あの庁舎でした。
庁舎

「ここが・・・」

万感の思いと悔しさと。
あの時流れたテレビの映像が、目の前で再生されていました。
もし・・・

こんな時
もしという言葉を使ってはいけないのでしょうが
もし、もう少し高台に移動していたら。
そう思わずにはいられませんでしたね。

 

庁舎脇のかさ上げは今でも行われており、
かさ上げ

海から繋がる護岸工事もご覧の通り。
護岸工事
真っ最中でした。

 

私たちが今ここでできるのは
さんさん商店街で食事をすること・・・
三陸海岸で育った海の幸を堪能しました。
三食丼

商店街を巡り
タコとモアイ

震災のことを、今一度胸に納め
写真

南三陸町をあとにしました。

 

その夜は、ホテル近くの 仙台ろばた料理「縁側」に。
縁側

選んだ理由は、前日
パンフレットを頂いたこと。(苦笑)

予約をしていなかったため
コース料理を食べられませんでしたが
好きなものを食べることができましたね。

楽しく飲ませて頂きありがとね!
縁側

 

あっ、
「震災は何も終わっていない。」と
教えてくれたSさんが書いてくれた記事が掲載されました。

● 岳人6月号
「しま山百選 八丈島八丈富士」です。
当店も紹介されていますので、ぜひご覧下さいね。(苦笑)

実は・・・
Sさんと一緒に八丈富士に登ったものの
自分が掲載されるとは思わず、見てびっくりしました。

日本各地を巡るSさん。
アイランダーの出会いを気に、
触れ合う人と人との出会いに感謝です。