埼玉大学教育学部附属特別支援学校の生徒さん達が!

今日は朝一番、冷凍してあったムロアジの解凍をしました。
と言ってもわずかなのですが・・・

クーラーボックスに氷水を作り、
冷凍ムロアジを投入。
じっくり解凍しました。

 

午前10時半頃、お店前からバス停方向を覗くと
「あっ、きっとそうだな。」

ホテルの方に、専用バスの相談声をかけましたが
利用させてもらえなかったのですね。(残念)

それでも埼玉大学教育学部附属特別支援学校の生徒さん達が元気に到着。
「今日はよろしくお願いします!」
とスタートしました。

 

三人ずつ、前掛けカッパと長靴&手袋を
装着。
割裁機でムロ鯵を開き、包丁で鰓と内臓除去をしました。

割裁機に、怖々入れる子もいれば、
「すっ!」とあっという間に入れる子。
慎重に言われるとおりにする子など
それぞれでしたね。

みなさん上手に包丁を扱い、
鰓を取り除くと~

冷やしておいた冷水に入れて血抜きを行い、
「くさや液かき混ぜる人!」
「はい!」「はい!」「はい!」
たくさんの立候補がいてびっくり。

先生からも
「こんなに?!」
生徒達の積極性に驚かれていました。

みんなでくさや液に浸け
製造体験終了。

 

「お店に、試食用のくさや用意してあるから。」
と言うことで、
みんなで移動。

クーラーも効き、冷たい水をごくごくと。
みんな熱い中頑張ったのですね。

そう言えば
「八丈どお?」
と聞くと
「暑いです。湿度が・・・」
「そうだね~」

「くさや食べて良いよ。」
の声に
手が伸び始め
「美味しい!」
「くさや食べたけど、こっちの方が美味しい。」

先月、授業でくさやの試食も行ったそうで
「これ、ムロアジですか?」
「はい!柔らかめに焼くのがコツです。」
「あっ~」

 

みんな食が進むのですが
「お昼大丈夫かな・・・」(>_<)

12時10分前となり
「お礼するよ~」
と言葉が飛び交い
「今日はありがとうございました!」
「こちらこそ、ありがとうございました。」

「おさださん、お店前でみんなで撮りたいのですが。」
「はい!準備しますね。」

最後みんなでパチリ。
笑顔絶えない製造体験でした。

ちなみに子供達は、修学旅行で八丈島に!
「午後からは?」
「今日は天候も良いので、海に行く予定です。」
「それは最高だ!」(^O^)

例年なら梅雨真っ最中で
ただただ、湿度高い八丈島ですが
今年は青空!

泳ぐにも最適ですね。

それにしても、修学旅行にくさや製造体験を組み込むなんて・・・
先生も素晴らしいですが
校長先生もよく承諾してくれましたね。

できあがったら、
子供達にプレゼントする予定です!

心配なのは・・・
この暑さで味はどうかな。(>_<)