くさやを好きな方は、奥が深いですね。

雨ですね。。。

深夜はくもり。
朝、小雨となり、
お昼前から雨に。
「久しぶりだね~日中にこんなに降るの。」

屋根のペンキが届いてから
「10月は雨の日が多いんです。」
と、天気予報士の説明。

「そうなんだ。」(>_<)
言われてみれば、10月のジョギングって
雨で走れない日が多かったな~
と思いだし。

参ったな~

 

そんな今日は午前0時20分過ぎに起床。
3時間も寝てない。

と言うか、寝坊してはいけないと
二度ほど目が覚め
三度目に起床。

30分早く製造始めたので
30分早く初めてちょうどいいのか・・・

加工場に行き、水ため開始。
深夜は、使用量が少ないせいか
1時間ほどで終了。

くさや液の発酵は順調で
発酵
竹蓋を押すと、一気に泡がブクブクブク!
炭酸ガスが吹き出します。

ガスで浮きあがった魚も沈み
プクプク
とまたガスが。

発酵って、ホント面白いですね。

 

液から魚を上げると、
「やっぱり今日は大きい。」

前回の製造時と同じ選別サイズですが
一回り大きかったようです。
塩抜き

1kg 9枚から10枚くらいでしょうか?
身の厚さにより干し具合も変わってきますので
明朝の生干し加減を確認してからですね。

できたて発送日は20日(土)!
ご注文は、こちらです。

 

身の厚さと言えば
ウトウトと、お店番をしていると
「こんにちわ!」
「は~い。」
「今、息子が来るので。」
「はい。大丈夫ですよ。」
「息子がここのくさやじゃないとダメだと言うんです。」(苦笑)
「そうですか~ありがとうございます。」

で、
「こんにちわ!」
「えっ!」
「お久しぶりです!一年ぶりです!!」(^O^)

なんと昨年夏いらした~Kさんでした。

 

「長田さんのくさやは、柔らかいですよね。」
と。
「昨日、居酒屋で食べたのですが硬くて・・・」

お父様は初めてでしたので
見学している間に、くさやを焼き
試食して頂くと
「そう!この柔らかさ!!これなんですよ。」(^O^)

美味しそうに完食して頂きました。

 

「くさやって保存食なのに、なぜ冷凍するんですか?」
「昔はクール宅急便がなかったので、塩分高めにして硬めに干したんですよ。」
「あっ~」
「ところが最近は甘塩を好み、流通技術も進んだので魚の旨味を醸し出すくさやに。」
「そう言うことなのですね~」

もちろん、冷凍することにより
先日ご紹介した通り
くさやの旨味も増幅していきますよね。

「僕もそうですよ!一年くらい寝かした方が美味しい!」
「そうなのですか~」(苦笑)

 

今日は、贈答用にくさや好きなご友人に発送を。
「明日帰るので、自分の分は明日買いに来ます!」
と、お帰りになりました。

乾燥機の匂い、大丈夫だったかな~
全開にすると
「この匂い!」
と喜びましたが・・・(苦笑)

くさやを好きな方は、奥が深いですね。