小値賀との出会いが、こんなに距離を縮めてくれるとは、

今日は朝からびっくり!
「今日は東京都Eマーク検査の準備しなきゃ。」
とお店を開けたのですが、まもなく電話が。
時計を見ると7時30分ジャスト。

息子ケイの同級生ママからの見学依頼でした。
「午前中なら大丈夫ですよ!」
と、見学前にお電話もらうことに。

更に追加でご注文を頂き、
ネットを確認すると、ご注文やらメールやら。
「あれ、これはこれは・・・」
と、ちょっと焦って発送伝票作成。

「おはようございます!」
ご注文メールの方が来店。
続いて見学者から「漁港にいますので~見学良いですか?」との連絡が。
慌ててくさやを焼きはじめ、
更に更に、同級生ママがお支払いに来店。

「見学者、これから来るみたい!」
「5名ですのでよろしくお願いします!」
「了解です!」
くさや一枚では足りないので、すぐにもう一枚焼きはじめると
一台の車発見。間に合わない・・・

取り急ぎ、一枚だけむしって試食を出すと
あっという間に完食。
お客様から、「くさやが足りなかったな~。」(笑)

40年前、八丈島にいらしたそうで
「八丈ストアー、どこに引っ越したの?」
「Nさん!八丈ストアーが引っ越したことをご存じの方が珍しいですよ。」
「古いから~」(笑)

さすがに40年という月日は長いですよね。

そんな中、くさやの説明を始めると
「小値賀だ!」
アイランダーで撮影した小値賀ブースの写真を見てざわつき始めました。
「Mちゃん?」
「そうです!」
「なんで、Mちゃんご存じなんですか?」
「5年くらい前に、アイランダーで。」

活版印刷の名刺を作って頂き、会社名を入れて宣伝したことを話すと
「晋弘舎!ですよね。」
「そうそう!」
「昨年小値賀に行ったんですよ!」
「羨ましい!!」

そんな話題で盛り上がっていましたが
実は
「くさやのにおいが苦手だって来ないんだよ。漁師なのに。」
と、車の中に待機していらっしゃったのですが・・・

「Mちゃん、知ってるって!」
その言葉が、くさやの香りを吹き飛ばしてくれました。(笑)

「Mちゃんは震災の時に来てくれてね。同じ屋根の下で二人で寝たんだよ。同じ布団じゃないよ。」(笑)
そう言って説明してくれるSさんの顔は嬉しさ一杯でした。

その頃スタンディング落語家の五十八亭ふすま丸さんもSさんと親しくなり、昨年はご一緒に小値賀へ出かけたそうです。
そして今年は、40年ぶりのNさんを通して八丈島に。

「まさかここでMちゃんと出会うとは・・・」
そう話すみなさんは、本当に笑顔一杯でしたね。
Mちゃんとの出会いが、こんなに距離を縮めてくれるとは、私もびっくりでした。

さて、今日はこれから東京都Eマーク検査なので、早めに書き終えますね。