振り返れば、4年続けて出席した卒業式。

昨日は加工組合の総会でした。
島の水産加工は昭和30年代後半から40年代にかけて増大した観光客の需要で発展したとも言えます。昭和47年7月1日、 八丈島水産加工組合設立。以来 47回目の総会を迎えることができました。

皮肉なことに観光客数は昭和48年をピークに減少。八丈島誌には「作ればいくらでも売れる時代は終わった。」と書かれています。

商売って難しいですね。

そんな昨日の総会では、新商品の開発や、パンフレット、加工組合のHP完成のお話しが紹介されました。具体的には新年度となるのですが、発表できる状態になりましたらご紹介しますね。

で、今日は八丈高校、第69回目の卒業式でした!(^O^)
八丈高校は農業高校でスタート。明大附属高校と二つの高校がありました。残念ながら明大附属高校は火事で廃校に。その後八丈高校は普通科、園芸家政科となり現在に至ります。

久しぶりの八丈高校。
駐車場に車を止めると、今年も笑顔の先生方が。
「強風の中お疲れ様!」
「おさださん!」
「あっ、おめでとうございます!」

お世話になった先生方。きっとこの春、異動する先生もいるんだろうな~と言う寂しさが募ります。

校長室前の受付で、
「おめでとうございます!」
「ありがとうございます。」
「いや~出席するかどうか迷って。」
「なんで!」(^O^)

そんな言葉を掛けてくれるのは先輩のK先生だからですよね。笑
胸元に花を付けて頂いてると、T先生が来られ
「署名の件、ありがとうございました。また後日ご説明させて頂きますので・・・」
「あっ大丈夫ですよ!私は自分のできる事をしただけですので。」(>_<)

みなさまのおかげで、集まった署名のうち約半数近くを集めることができました。感謝の言葉を述べなければ行けないのは私の方ですよね。本当にありがとうございます。

校長室に入ると、この春から島留学生を受け入れるY町議が。
「合格発表の日、底土港と一休庵と横間で会いましたよ。」
「島あるあるだよね。」(笑)
4月から、島留学生は各一名ずつですが1年生、2年生、3年生と揃います。まだまだスタートしたばかりで課題山積みですが、子供達の成長と共により良いものにしていけると良いですね。

そんな卒業式は、同級生の娘さんYちゃんの答辞で泣いてしまいました。
「家族は最後まで味方でいて欲しい。」
4月から始まる離島生活への不安や期待。その思いがとても正直に伝わりましたね。昨年息子もそうして卒業していったんだろうな~改めてそう思いました。

卒業式

振り返れば、4年続けて出席した卒業式。
式退場後、「おさだくん!そろそろ俺と代わって。今の学校の様子わからないよ!」
「いえいえ、まだまだ先輩頑張って下さい!」

八高を地域として支えてくれる先輩方無くしては、応援もままならないですよね。これからも自分のできる事を自分のできる範囲で頑張っていきたいと思います。