今シーズン最後の春飛魚入荷です。

今日は今シーズン最後の春飛魚入荷となりました。
早朝、入荷準備を行っていると電話が。
「100~200位って言うけど、どうする?」
市場からの電話でした。

「撮影用だから、最低100あれば購入する。」
「撮影用か~わかった!」

すぐ港に向かうと、漁師さんとすれ違い
「あんど~獲れなかった?」
「おい。」
「あたりそうか?」
「おめぇだけどおて、平気だと思うよ。」

手袋を忘れたので店に戻り、再び港へ。
「小さくてもへぇきか~」と船頭M兄ちゃん。
「獲れないときは仕方ないよ~」
「そごんだあの。」

仕分けを終え、
「125。大も持ってく?」
「う~ん。持っていくわ。製造一回は一回だから。」
「おい。」
「225!」
「ありがとう!二ヶ月お世話になりました。」
「こちらこそ。また来年頼むぞ。」
「はい!」(^O^)

3月から始まった春飛魚漁。
今年は一隻で1万尾を水揚げ日した日はわずか一回。
八丈島近海を北上する姿は、少なかったですね。
それでも二ヶ月間絶えず獲れたので、昨年の1.3倍を製造することができました。これで、在庫切れになったら仕方ないか・・・

と言うか、これ以上製造するのは、今の体勢では無理。
体壊しちゃいますね。

「おまえはよかろうじゃ!最初から切って。」
「お陰様で。」
魚価が昨年の1.5倍も高い中、
「昨年在庫切れになったから。」と他の加工場が買わない中買い続けました。

正直、数は揃っても、今も魚価は昨年より1.35倍も高く、同じ値段で販売するのは・・・
「おまえは、(販売価格は)20、30円あげられるだろ~」(笑)
そう言って冷やかされながら、港をあとにしました。

もちろん、価格は据え置きです。(>_<)

そんな春飛魚。
入荷量少なかったのですが、50尾をクーラーボックスに入れ明日の撮影用に。残りをすぐに製造しました。鱗を取り

春飛魚

背開きに。内臓はご覧の通り。脂は無くなりましたが、お腹には白子まだありますよ~

開き

洗い終えたあと、くさや液にいれ終了。

くさや液

ちょうど一タンクに入れ終わり
「これなら毎日でもできろわ!」
と、製造を終えると、すぐ畑に行く父。

春飛魚製造が終わり、すっかり畑仕事モードです。(苦笑)

私はと言うと、明日来られるユーチューバーさんの製造準備。
包丁を研ぎ、七輪に、カッパ、長靴。
あとは、夕方来られる担当者さんとの打合せのみ。

今日はくさや液に浸け終わる時間が早かったので、今晩いつもより早めに上げないと。ほとんど徹夜作業で、明朝の撮影を迎えるのかな?(笑)

午後からも別件の店内撮影があり、忙しい一日になりそうです。

別件と言えば、
昨夜のみずがめ座エータ流星群。
午前1時16分頃目が覚め、「これは見ろと言うことか~」と起床。
玄関を開け外に出ると、まさかのくもり空。

しばらく、ビデオを見て待つことにしたのですが
ザー!!!!!
「うそ、雨。」(>_<)

ピークの午前3時前まで起きてましたが、あきらめて寝ました。
今年のGWは・・・

これから良いことが待ってますよね。
きっと。