これもまた貴重な体験でしたね。

帰島二日目!
昨夜は、旅行の反省会と称し、近所のKちゃんが催しを。船で上京した6日からゆっくり食事をとる暇がありませんでしたので、島のごちそうをたっぷり頂きました。

そうそう、船と言えば、船上から撮影した画像がありましたのでご紹介しますね。八丈島から出港時の様子がこちら。

八丈島

船内待合室から橘丸まで行く間、横殴りの雨のなか歩きました。船内に着いたときには足下びちょびちょ。傘を持たない方もおり、これは何か考えないと~と思ったしだいで。こんなことは経験しないと気づかないものですね。

12時30分。お昼過ぎに到着したのが三宅島。

三宅島

こちらの漁港は初めて。小さな漁港でしたね。八丈島・八重根港のように風向きによるサブ的な港かもしれませんね。そういえば、P連で三宅島から帰るときの早朝出港は天気悪かったですね。あの時は待合所を出て・・・どうだったかな?

そして16時15分に到着したのが大島。

大島

こちらは歩道が途中まで整備されていましたね。それでも島の雨は厳しく、ましては海岸ですので横からの雨はやはり厳しかったです。

待合所からの距離にもよりますが、お客様目線ではスムーズな乗船を求めるのですが、浜の建設は台風などで破損する可能性が大。難しいところですね。

船で上京する事ができ、翌朝は一便で千歳空港に向かいました。羽田空港から1時間半。離陸と共に寝てしまい、目が覚めると北海道でした。だいぶ疲れていますね。(苦笑)

千歳空港から電車に乗り換え白石に。途中、北広島かしんさっぽろで乗り換えるのですが、「北広島ですと同じホームです。」と言われ「それなら。」と北広島で下車。「風強いね。」「冬はここの乗り換え無理。」(>_<) 何事も経験ですね。

白石の空はご覧の通り。

札幌

青空が素敵でしたね。駅の一階で軽食を済ませると、しばらくしてしょーが車で迎えに来てくれました。

前日の一便が就航したら、妻はそのまま増毛に行き一泊後この車で札幌入りする予定だったのですが、こんな形で合流することになってしまいました。

しょーの家で着替え、結婚式場に。和を基調にした素敵な結婚式でしたね。式場をあとにし帰宅。着替え終わると、「帰るわ!」最終便まで時間あるのですが、千歳空港でのんびりすることに。

「まっすぐ歩くと、右手に駅があるから。」「わかった。」 一人で知らない町を歩くのもよいもので。数分歩き、横断歩道を渡ると駅に向かう地下道がありました。終点の新札幌まで行き千歳空港に。タイミング良く座ることもでき楽でしたね。何より手ぶらでしたので!

千歳空港でとりあえずカウンターで早い便に乗り換えることができるか尋ねると「すみません」と。わかってはいたので、店舗を見ながら約4時間あまりの時間をどう過ごそうかと。食堂は満杯で並ぶ元気は無いし、地図を見ると「あっ、紀伊國屋さん」 単純に、楽しそうな本を探すことに。で購入した本が、「あと少し、もう少し」。2,019年本屋大賞を受賞した本です。

まだほとんど人の姿がない、搭乗口近くでパンと飲物を購入しまったり。なんどか睡魔に襲われながら・・・ふと、気がつくと遅延のため搭乗時間が更に遅れ、「到着時間は0時の予定です。」と。ホテルに向かうバスに間に合わない。(>_<)

参りましたね。恐れていたこととは言え、現実になると唯一の交通手段「羽田のタクシー乗り場どこだろう?」と不安が。ましてや、みんなが並ぶと帰宅はいつになるやら。これもまた貴重な体験でしたね。

すみません。今日は午後から会議なので続きは後日に!