30分の予定が、やっぱり。

今日の朝日は眩しかったですね。太陽の昇る位置も東によりはじめ三原山に近づいてきました。

神湊漁港

初日の出は、画像のちょうど右端、山の麓から昇るので4ヶ月でだいぶかわるのですね。

さて、そんな今日は、昨夜の午後10時、今朝の午前3時と乾燥機の方向を変えるためだけに加工場へ。朝6時からは、半生のくさやを一枚一枚ひっくり返しながら大小に選別していきました。

昨日も紹介しましたが、2,500尾以上の青ムロを製造。とにかく小さいサイズが多かったので、大きいサイズがより大きく感じられました。「もしかしたら燻製できるかも。」と、計ってみると「思ったより小さい。」(>_<)

全体的に小さすぎて、より大きく見えたのですね。(苦笑) 夕方から夜にかけて干し上がる予定です。

前日が睡眠時間3時間にも満たなかったので、今朝のひっくり返し作業を終えるとポ~。10時から見学者の希望があったので、シャワーを浴びて気合いを入れ直し、見学準備を。

「15分遅れるって。」 「了解」
くさやを焼き終え、試食の準備もOK。後は来店を待つのみ。

10時半頃、「遅くなりすみませ~ん。」
「大丈夫ですよ~」

昨日、「見学時間はどれくらいですか?」と問われ、「15分から1時間くらい。」と答えた事もあり、「30分位を目処に。」と説明開始。

たぶんなのですが、30分後近くまでは時計を気にしていたのですが、くさや液のお話しから話題がひろがり、割裁機、包丁、そして砥石と質問に答えるうちに気がつくと1時間。

「やっちまった~」(>_<)

説明後は、ボッ~と。虚脱感に。
さすがに疲れてますね。

町役場から防犯協会の資料訂正の依頼が来ましたが、「今日は?」「ごめんなさい。今日は・・・」4日の午後からに延期してもらいました。

そんな4日は、毎年恒例の首都大学生の来島。今年はどんなお話ししようかな~この一年間の新しい出来事を交え伝えます。

写真も何枚か印刷し直さなきゃ。実は今日の説明。順序を変えそんな新しい内容を交えてお伝えしたところ大幅な延長に。興味を持って頂ける感触は得たので、その部分を中心に行こうかなと思ってます。

明日は午前中、病院と防犯協会の会議なので、午後から準備ですね。

今日は小さいサイズから干し上がっていくので、何度も繰り返し干し上がりを確認しなきゃ。大変ですが、なんとか今日中に終えられるとよいな~と思います。