春に向け始動開始です。(^O^)

昨夜は土砂降りの雨。
天気予報は正しかったですね。(>_<)

昨日と言えば、紹介した元実家のあった土地の続き 。
グーグルマップを見たら、消防小屋を取り壊す前の航空写真がありました。

中央やや左下に建っている四角いコンクリート建物が消防小屋です。

航空写真

軽トラの停まっているところに実家が建っていました。昨年、立て壊したため今はご覧の通り更地になり、軽トラ前、高さ1m程の石垣も積み直しました。

道路から

奥の石垣が二段になっていますよね。下段石垣は子供の頃良く通り抜けする道として使ってましたね。 幅が1mほどあり奥隣との境界はその「真ん中。」上段の石垣が下に行くほど斜めに広がっているので、下段石垣を取り除くとちょうど真ん中辺りに来るそうです。(画像右から左端の間に)「杭が三つくらいあろわ~」と。

石垣と消防小屋との間は、
「車一台が通れるようにしとうだ。」と。神湊公園側から車一台が入れるように土地があり、石垣からの距離は「この辺りだ~」と。

杭から

で、実家と消防小屋の間は、「(通れる)道があって、その中間をとった。」
画像右のブロック塀は、実家の壁でした。

小道が

境界が消防小屋の裏に当たる「この辺りだ~」と説明する父。

境界

実は、帰島して実家に住んでいた頃、父に教えてもらい杭を確認していたのですが消防小屋を更地にした際、工事関係者が杭共々工事してしまい、あらためて父に確認してもらいました。

今頃なぜと言うと以前・・・
お店脇の町道は、長田家が町に寄付した土地。その時の条件が「港に降りる階段をつける。」ことでした。子供の頃階段がありよく利用しましたが、漁協裏の壁面工事で階段が壊され今は通行止め。袋小路になりました。

15年ほど前だったでしょうか?、道として機能を失った(袋小路の)土地を町議の方に相談すると、町の回答は「町の土地なので買って下さい。」と。(>_<)

土地の問題は難しいですね。

さてさて、今日は四年にまたがって行われた事業の報告会が。15分ほど前に加工組合に行こうとして、「あれ?場所どこだっけ。」(苦笑) 書類を探しましたが見当たらず、「時間ないから行ってくる!」

先月と異なり、あらゆる行事が中止に。時間が持てる反面、どこか集中力に欠けいけませんね。そう言えば今月に入り腰痛再発。心身共に疲れかな?

そんな昨夜は、雨でしたので早めに帰宅。
時間もあったので、録画しておいたアナザーストーリーズ「ペルー 大使公邸人質事件 強行突入!その裏で」を視聴。日本大使公邸に日本人含む72人の人質が127日間拘束されましたが、無事解放された事件です。

テロリスト14名は射殺され事件解決となったのですが・・・人質の視線から追う事件の真相はテレビから報道されるものとは異なっていました。

なぜ、テロリスト達は人質に銃を向けなかったのか。平和的解決があと一歩の所まで来ていたのになぜ強行したのか。そんな真相が20年ぶりにあかされていきます。「(テロリストも)同じ人間。」と言う言葉が響きましたね。

次に見たのが「ファーストラブ」
昨年7月第159回直木賞を受賞した島本理生さん作品のドラマ化です。
こちらはラスト数分に、「あっ。」
自分の想像を越える人としての大きさに、「ここまで描くんだ!」(>_<)
正直やられたな~と思いました。

あまり日本のドラマは見ないのですが、今回は最後まで観て良かったなと思いました。

寝る前なのにテンション上がってしまい、布団の中でホリエモンの本を。周りを気にせず自分のやりたいことをやる姿勢は、ホリエモンらしいですね。私自身もそんなところに彼の個性を感じます。

しばらくのんびりしていましたが、いよいよ明日からくさやの製造再開!
春に向け始動開始です。(^O^)