日本で一番古い教育雑誌 「教育研究 8月号」に掲載されました。

今日は、朝5時起床。
「涼しいうちに!」と、お店冷凍庫の霜取り作業。
庫内の霜がきれいに溶けご覧の通り。

霜取り

よく見ると、底に水がたまっているのがわかると思います。
その水を掻き出すと、なんと5リットルもありました!(^O^)

きれいに拭き、乾燥したあと再稼働。
春先は「キュルキュル」とベルト滑ってましたが、今日は順調でホッとしました。故障せずに少しでも長く稼働して欲しいです。

そんな今日は、朝から作業計画を遂行。
月末までびっちりの計画は、「これじゃあ休む暇無い。」(>_<)

更にメールが来る度に、ノルマが増え・・・
「困ったな~」
すぐに返答できれば良いのですが、アイデアを絞り出すものは本当に参ります。

そんな中、一冊の本が届けられました。
日本で一番古い教育雑誌 「教育研究 8月号」です。

教育研究

気がつきました?表紙に書かれた名前・・・
はい!私です!(^O^)
本来であれば2月上京した際に取材を受ける予定でしたがコロナで延期に。そんな思いの中、書いて頂きました。

中身をまだ読んでいないのですが、なんと6ページにわたり紹介されています!
午後からの用事が済みましたらゆっくり読みたいです。

今日の午後は、八丈高校の「八丈学」。
自然のお話しなので、どんな内容かとても興味あり!
子供達の様子とともに、私自身学びたいな~と。

「教育研究」には、2013年に出会った筑波大附属小学校の子供達との触れあいについても書かれています。8年間たった今も私自身たくさんの学びがありましたね。そんな学びを島の子供達にも還元できたら良いなと思います。

さて、時間ばかりがドンドン過ぎてしまい・・・
計画をてると、時間に追われいやですね。(笑)

長年使用した魚を開く包丁もだいぶ疲れてきたので検索中。
なかなか良い商品が見つからず、結局同業の方に問い合わせ。(>_<)

真空包装機のオイルも適量サイズのものが見つからず業者さんに依頼中。
なかなか思うようにいきませんね。

そうそう、朝、お店で冷凍庫の霜取りをしていると
叔父に若い衆(乗り子)さんが
「港は蟻で、行かない方がいいですよ。」
と。
「クロアリだろ。梅雨明けはとぼだら~」

車にはたくさんの蟻が付着。
よくよく見ると、近くを舞ってるのも蟻?

梅雨明けが近づいているそうです。
天気予報的には来週かな?

追伸
包丁、購入できました!(^O^)