てぶらごはんプロジェクトで出会ったのは、小二の時の・・・

今日はハードな一日でした。(^O^)
朝5時に起床。加工場に出勤。すぐに青ムロくさやの製造準備。
くさや液をかき混ぜ、塩分度数の確認。

ご覧の通りむろあじがまるまると太り大きくなりましたので塩分調整後、製造を開始しました。

鮮魚

それにしても大きくなりましたね。
漁獲されたむろあじの半分はまだまだ小さいのですが、大きい群は大人サイズに成長していました。

製造

むろあじを開くと、特大サイズは脂が少し見えてましたね。これから気温が下がると共に脂がのりはじめるのでしょうね。楽しみです。

血抜きも、身が厚くなりましたのでしっかり行います。ザルと魚の比率を見ると大きくなったのがわかりますね。

血抜き

約3時間で全てを開き終えることができました。

くさや液

早朝であったこと、みんなが頑張ってくれたことでとても早く終えることができました。おかげさまで明朝の準備まで行う事ができました。

お風呂に入り、再びお店に。
八高に出かけようとしましたが、「一応メール確認。」
すると大事なメールが二通。(>_<)

慌ててお返事を書き、「遅刻する!行ってきます!!」
と、八高へ。

今日は、「てぶらでごはんプロジェクト」の試食会。家政科1~3年生が考え試作したお弁当の調理&試食を行いました。

調理を終え、家政科生徒が揃うと
「あっ!くさやの!小二の時!」
「あっ~名刺を書いてくれた!」
「はい!」
「名刺、お店に飾ってあるよ!」
「えっ!!」

小学校二年生の時、私がくさや授業を行った生徒さんでした。(^O^)
三ヶ年継続したくさや授業。

初めはこんな感じで加工場授業でした。

三原小 くさや授業

三年目は、なんとこんな本が完成!

くさやレシピ本

みんながくさや料理を考えてくれて、更に調理もしてくれました!(^O^)
そんな子供達が今、八高生になり「てぶらごはん」を作成してくれています。嬉しい限りですね。

調理の写真は、画像を頂きましたらご紹介しますね。
昼食後、10分ほど図書館で魚図鑑を。

それから、普通科一年生の「八丈学」に参加してきました。
教室に入ると、「おさださ~ん!」三根婦人会の会長さんでした。
「あっ!先日はありがとうございました。」
「いえいえ、メールを返信しようと思いましたができなくて。。。」
「とんでもないです。気持ちは届いていたので大丈夫です!」(^O^)

空メールが届いたのですが、きっとそうだろうな~と。(苦笑)

食チームの「くさや質問」を受けたのですが、わずか20分のあいだに「こだわり」を伝えるのは大変。いくつかの質問は間違いが無いようあらためて伝えることにしました。

そんなこんなであっという間に一日が終了。
今晩遅く水ためをして、くさや液からあげないといけないので寝る暇あるかな・・・

明日は10時から、防犯カメラ設置の関係で役員会が。
八丈町、業者さんに連絡し現状把握をし~
あっ、資料作るの忘れてた。(>_<)これから作りますね。

作ると言えば、お待たせしました!
大人の青ムロくさやが、ついにできあがります。
1kg、8枚から13枚くらいでしょか。
ぜひ旬の味をお楽しみ下さいね。
ご注文は、こちらです。(^O^)
8日(木)できたて発送です。